Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

SusHi Tech Tokyo 2024: 探究すべき持続可能なイノベーションがたくさん

SusHi Tech Tokyo 2024: 探究すべき持続可能なイノベーションがたくさん

スシテック東京2024 5月12日にはシンボルプロムナードでショープログラムを開始し、 海の森エリア。 この 2 つの景勝地は、東京でイベントが開催される 4 つの会場のうちの 1 つです。 このプログラムは持続可能性と革新的なテクノロジーに焦点を当て、新しい視点と刺激的な発見のためのスペースを提供します。

シンボルプロムナードでは、グルメ、乗り物、環境に優しい技術が楽しめます。

彼らは、環境への影響を最小限に抑えながらさまざまな食品を選択することで、持続可能な未来のビジョンにどっぷり浸ることができます。 風味、健康効果、環境への優しさで知られるおいしいベジタリアン料理を味わうことから、地元産の珍味を楽しむことまで、あらゆる味覚を満足させるものが必ずあります。

持続可能な料理

混雑した屋台やトラックの中でひときわ目立つのが、東京本所吾妻橋の本格日本料理店「割烹 舟遊」です。 屋内水槽で育てたアトランティックサーモンを使用した特別な握り寿司など、ユニークな料理体験を提供します。

割烹ふにゅうの広報担当者は、「当社は陸上での鮭の養殖に特化しており、世界中で見られる伝統的な海洋養殖法とは異なり、当社のアプローチは環境への影響と廃棄物を削減します。」と説明しました。

シンボルプロムナードで食べられるカボフォニオサーモン(写真提供:SusHi Tech Tokyo 2024)

音楽と美食のユニークな組み合わせであるEATBEAT!も見逃せません。 「EATBEAT!」では、東京の新鮮な春の食材を使ったこだわりのメニューをお楽しみいただけます。

メニューを担当するのは、ミシュランガイド東京で名誉あるビブグルマンに認定されたレストランのシェフです。 この正真正銘のごちそうは、美味しくて環境に優しい料理を楽しむ機会を提供します。 春にんじん、桜鯛、東京ローストビーフ、ストロベリーチーズケーキなどをお楽しみいただけます。

料理研究家 寺井幸也氏がYUKIAMESHI×Oisixでサステナブルな食について語る&試食会。 持続可能な食材へのこだわりと絶妙な盛り付けで知られるレストラン「ゆきあみし」が、食材宅配サービス「オイシックス・ラ・大地」とタッグを組む。 メニューには、フィッシュバーガー、ウニのカッペリーニ、昆布巻きなどのおいしい料理とデザートが揃っています。

次世代モビリティ

ミライ サーキットでは、自動運転の「試乗」バスやその他の未来の乗り物などのマイクロモビリティのオプションを探索できます。

SusHi Tech は、人々が自分のライフスタイルや身体能力に合わせて幅広いモビリティ オプションから選択できる、新しい都市交通モ​​デルを構想しています。 サーキット内には低速車両用と高速車両用の2つのコースがあります。

訪問者が利用できる低速車両の 1 つは、セグウェイの PT i2 SE です。 このフラッグシップモデルは屋内でも屋外でも走行でき、1回の充電で最大38kmの走行が可能です。

モビリティデバイス「Poimo」に乗車する来場者(画像提供:SusHi Tech Tokyo 2024)

そしてそこに ポエモ、独自に設計された、部分的に膨張可能な電動モビリティ デバイスです。 その多様性は本当に印象的です。 ユーザーは簡単に持ち運びできるように折りたたんだり、自分自身や持ち物を快適に収納できるように広げたりできます。 この適応性のあるデザインは、幅広いモビリティ要件を満たすように設計されています。 Poimo は毎日の通勤や特殊なタスクに適しています。 たとえば、軽量の車椅子や快適な荷物キャリアとして機能します。

高速側には ZERO9 Lite 電気制御パネルがあります。 原付バイクなので免許は必要ありません。 坂道を楽に登れるように設計された ZERO9 Lite は、低速トルク調整機能によりスムーズな上り下りを実現します。 後輪駆動と小径タイヤの採用により、時速20km以下で優れたトルク性能を発揮します。 さらに、一般的な道路で最大 15% の勾配を走行することができ、信頼性の高いブレーキ システムにより安全な着陸が保証されます。

海の森でテクノロジーを探る

海の森エリアでは、陸・海・空でさまざまな技を試すことができます。 展示・実演は「次世代モビリティ」「最先端の再生可能エネルギー」「環境改善」の3つのテーマに分かれています。 東京都の方針と一致しています 優先プロジェクトは、自然と快適さを融合させた持続可能な都市づくりを目指しています。

ロボ子のドローン工場ではドローンを実際に体験することができます。 彼らは自分自身のドローンを構築し、その仕組みについての洞察を得る機会があります。 次に、エキサイティングなドローン レースでテストします。 参加費は1人2,000円で、イベント終了後も参加者はドローンを保管できる。

海の森エリアに展示されたドローン(画像提供:SusHi Tech Tokyo 2024)

海の森のもう一つの注目のスポットはフィギュアスケート場です。 広々としたオープンスペースが特徴で、スキーヤーにとっては天国です。 特徴的なのは、エリア内に設置された発電設備で発電された電力がスケートボードの動力となることです。 垂直軸風車はオフグリッド電力を供給し、訪問者は持続可能なライフスタイルを直接体験することができます。

現在、ドローンを社会インフラに組み込むための実証プロジェクトが実施されている。 目標は、検査および監視サービスに遠隔制御の自律ドローンを使用する実現可能性を評価することです。

これらの実験用ドローンの 1 つである KDDI スマート ドローンは、空中および水中での運用向けに設計されています。 開発中の別のモデルは、長時間の運用のための充電ポートを備えた自己充電ドローンです。 来場者は、KDDIのスマートドローンを直接体験する機会が得られます。

シンボルプロムナード公園のイベントは5月26日(日)まで開催される。 ウェブサイトをチェックしてください アクセス方法については。

なお、海の森地区のイベントは5月21日(火)まで開催されます。 アクセス情報はウェブサイトでご確認ください

関連している:

著者: ダニエル・マニング

READ  日本は労働力不足に対処するために新技術に注目している