Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Tech Japan CEO 西山直隆氏がベンガルールに移住「インドから世界にポジティブな影響を与える」と語る

Tech Japan CEO 西山直隆氏がベンガルールに移住「インドから世界にポジティブな影響を与える」と語る

Tech Japanの創設者である西山直隆氏はLinkedInへの投稿で、インドに移住する予定であり、これは彼の人生において「間違いなく大きな新たな章」であると述べた。

同氏は投稿の中で、「ついにその時が来た。私はインドに移住し、明日からベンガルールに住み始めることになっている。私はほぼ10年間インドを訪れているが、インドに『実際に住む』のは今回が初めてだ」と述べた。これは間違いなく私の人生における大きな新しい章です。」

「多くの日本人やその他の外国人起業家は、インドでビジネスを行うことの重要性を理解していますが、実際にインドに住んでいません」と西山氏は述べました。 「誰かを派遣する代わりに」というこだわり。

Tech Japan CEO 西山直隆氏による LinkedIn への投稿。

「私はビジネス旅行者になるだけでなく、地元の人々と一緒に暮らし、インドの素晴らしい人々を集めてインドでチームを作り、インドから世界にポジティブな影響を与えていきます。考え始めると、期待と希望でワクワクが止まりません。小さなながらも不安の味もいいですね。」

「日本では『人に迷惑をかけてはいけない』と子どもに教えますが、インドでは『人に迷惑をかけて生きているのだから、許しなさい』という教えがあると聞きました」そして、私はその考えが気に入っています。そしておそらく私も、同じような困難に直面したときに、インドの人々を助けて生きていくつもりですし、何よりも多くのインド人を助けたいと思っています。

執筆時点で、この投稿には 1,913 件の反応、362 件のコメント、11 件の再投稿がありました。

ユーザーの一人、エド内藤さんは次のようにコメントしています。 私はモンスーンの季節にボンベイ空港に飛び、午前 2 時に着陸し、ボンベイのほとんど人がいない、しかし決して人がいない通りを通ってタージ・マハルに向かった – 光景、匂い、音 – 感覚の過負荷 – 何百回も訪問した後、私は多くの人が決して起こらないだろうと言っていた、それが起こった驚くべき変化を目の当たりにしたのですが、その第一印象は決して私から離れません。 でも、あなたは、私には決してできなかったことをやっているのです。そこに住んで、国が驚くべきスピードで発展していくのを見ながら、そのすべてを大切にしてください。 (そして、私は中国共産党が高速道路さえ建設できなかった初期の頃を見てきました。1995 年にはインドには決して建設できないだろうと一部の人が言っていたので、私には比較の根拠があります。) これをお楽しみください。

西山の投稿にはユーザーからコメントが寄せられた。

別のユーザー、ヴィドゥシ・バルドワジさんは「インドへようこそ、西山直孝さん。インドがあなたの人生最高の年、終わりのない幸せな思い出、そしてたくさんの成功をもたらしてくれることを願っています」と書いた。

2019年にインドの人材と日本のテクノロジー企業とのコラボレーション促進に焦点を当てたプラットフォームであるTech Japanを立ち上げる前に、西山氏はgivという非営利団体を設立した。

メリットの世界を開いてください! 役立つニュースレターからリアルタイムの在庫追跡、速報ニュース、パーソナライズされたニュースフィードまで、ワン​​クリックですべてがここにあります。 ここでログイン!

READ  学生に日本での技術に関する高等教育の取得を促す