Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

TheGroveのTakashimaRecord Barは、より包括的でフレンドリーな雰囲気でオープンします| ブレンダー

「明らかに、ビニールへの愛、音楽への愛、芸術的なものへの愛、セントルイスでのDJカルチャーへの愛のおかげで、このアイデアに興奮しました」とヘイデンは言います。 スリリング。 私はRubyを知っており、成功することができます。」

2018年にWineTapを買収したとき、Robbie Hayden氏は、「チームと経営陣が失敗した失敗したブランドでしたが、うまくいきませんでした。このプロジェクトを本格的に開始し、ゼロから刷新しました」と述べています。

彼らは同様の使命を持って高島レコードバーに行きました-課題を認識していました。

「結局のところ、Rubyと私にとって、それが私たちのプロジェクトになるという前向きな機会になるだろうと思いました」と、バーのDJを兼務するDanHayden氏は述べています。

彼らは名前を完全に変えることについて話し合ったが、ロビー・ヘイデンは「名前のあるコミュニティで美しく素晴らしいものを作りたいと思っている。私たちは果樹園とそれが表すすべてのもの、その多様性とそれが提供するものが大好きだ。アイデアとコンセプトはそのようなものだった特別なことであり、私たちが心と魂をそこに入れれば、私たちはそれができることを知っていました。「ビニールの熱狂的なコミュニティのためにコンセプトを機能させる。」

ヘイデンズ家の下で、高島は日本の標準的なバーから、音楽、食べ物、カクテルに焦点を当てたビニールのリスニングルームになりました。 彼らは日本の影響が彼らの手に意味があるとは思わなかった。

READ  この秋、無料の屋外日本彫刻展が岩を支配しました-コンクリートスタジアム