Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

THREE60 Energyが日本企業と数百万ポンドの契約を締結

THREE60 Energyが日本企業と数百万ポンドの契約を締結

THREE60 Energy (THREE60) は、スコットランドのニグにある住友電気工業 (住友) の電力ケーブル工場向けにケーブル保管ローターを設計および納入する数百万ポンドの契約を締結しました。

今年初め、日本に本拠を置く住友商事は、この地域に2億ポンドをかけて最先端の電力ケーブル工場を建設すると発表した。これにより、この地域に150人以上の雇用が創出されることになる。

この装置はグラスゴーにあるTHREE60の製造施設で設計および製造され、同社はスコットランドのサプライチェーンと連携して製造、製造、輸送をサポートする予定だ。

このプロジェクトは今後 2 年半かけて実施される予定で、最初のカルーセル コンポーネントは 2025 年半ばに予定されているニグ工場に納入されます。コンポーネントはその後、現場で THREE60 の技術者とエンジニアによって組み立てられ、テストされます。

THREE60 がこの機会を追求することは、スコットランド政府の国際貿易と対内投資戦略を実現する責任の一環として、経済開発庁スコティッシュ・エンタープライズによって支援されました。

THREE60 Energy のグループ CEO、ウォルター・テイン氏は次のように述べています。「住友がスコットランドへの画期的な投資のための機器の製造に THREE60 を選んだことを非常に嬉しく思います。また、私たちの勝利した提案がスコットランドのエンジニアリングと製造の中心に据えられたことを誇りに思います」この最先端の電力ケーブル工場により、スコットランドの風力発電開発業者は、スコットランドでの主要材料の入手可能性が向上し、二酸化炭素排出量を削減できるようになります。

「スコットランドで400人以上、世界中で1,000人以上の従業員を抱える雇用主として、私たちはこの地域にあらゆる雇用の機会と経済的利益をもたらすこのプロジェクトを支援できることを嬉しく思っており、開始できることに興奮しています。」

「住友の事業利益は、常に公共の利益と調和していなければなりません。」と住友電気工業株式会社 電力ケーブルプロジェクト本部購買部長の木村哲也氏は述べています。 「品質、技術、コスト、納期に優れたTHREE60社の強力なサポートのおかげで、私たちは現地のサプライチェーンを構築し、スコットランドと英国の未来に貢献できることを誇りに思います。」

Scottish Enterprise社のエネルギー移行ディレクター、スーザン・ソスナ氏は、「エネルギー移行はスコットランドにとって大きなチャンスであり、サプライチェーン全体にとって明らかな利益をもたらします。そのため、これは企業と協力するための当社の新しいアプローチを推進する3つの使命の1つです。ハイランズ・アンド・アイランズ・エンタープライズ社のパートナーおよびスコットランド政府との協力 「当社はハイランドでの事業拡大に向けて住友と緊密に協力しています。THREE60がすでにこの取り組みと私たちが支援してきたつながりから恩恵を受けているのを見るのは素晴らしいことです。同社のエンジニアリングと建設の専門知識は、スコットランドのサプライチェーンにおける能力の強力な例です。」

THREE60 は、2 つのローディング ブーム オプションを備えた、250 トンから 400 トンまでのさまざまなケーブル ストレージ スイベルを Nigg 施設に納入します。

READ  あなたは幸せです、そしてあなたの上司はセンサーがそう言うのでこれを知っています:朝日新聞