Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

TIAが日本企業に投資を呼びかける

TIAが日本企業に投資を呼びかける

計画されているプノンペン国際空港の図が示されています。 提供された画像

約22社の日本企業が、完成すればカンボジア最大の空港となる建設中のティクー国際空港(TIA)内またはその周辺のプロジェクトへの投資を検討している。 関係者らは、潜在的な投資は、過去数年間、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けてきた観光セクターの緩やかな回復から恩恵を受ける可能性が高いと述べた。

民間航空担当国務次官(SSCA)のシン・チャンシリヴォタ氏は12月25日、日本企業の代表者らが首都から約40キロ南にあるカンダル州タクマオ町にある空港跡地を訪問したとワシントン・ポスト紙に語った。 12月20日にプノンペンでその可能性を評価し、建設の進捗状況を調査する。

同氏は、2019年に着工したTIAが完成すれば武雄県境付近の総面積2,800ヘクタールをカバーする国内最大の空港になると説明した。 12月現在、建設は58%完了しており、第1段階は2024年半ばに完成し、2025年に稼働する予定だ。

「フン・マネ首相の最近の日本訪問も、日本の投資家の注目を集めた大きなポイントでした。彼は、新空港とその周辺のプロジェクトに投資する計画があると述べました。」

「カンボジアの空港投資」 [CAIC] 同氏は、この訪問は約22社の日本企業によって企画され、この問題を綿密に検討し、施設への投資への参加を決定する機会となったと述べた。

OCICのウェブサイトによると、CAICは国営SSCAと、空港建設を支援する現地運営グループであるカンボジア海外投資公社(OCIC)との合弁事業で、所有権は90:10で確立されている。

太平洋アジア観光協会(PATA)カンボジア支部のソーン・シナン会長は、TIAは世界中の主要目的地からの長距離直行便を運航できるため、TIAの存在はカンボジアの航空発展にとって極めて重要であると述べた。

「空港が運用開始されれば、サウジへの新たな長距離便を直接受け入れることができると期待しています。空港が完成すれば重要な役割を果たすため、到着する観光客の数は徐々に改善するだろうと彼は付け加えました」新しい航空便を受け取る際に。」

フータ氏によると、第 1 段階の建設は 8 億ドルの費用で実施されている。

現在、中国の第三建設ユニット(CCTEB)が建設中の旅客ターミナルの建設は47%完了している。 駐車場は上海宝業(カンボジア)有限公司の管理下で52%完成している。 航空管制塔はカナ シノ建設公社 (CSCC) によって建設されており、現在 90.8 パーセントが完成しています。

「何も変わらなければ、プロジェクトは2024年末までに完了するだろう」と彼は語った。

同氏はさらに、「航空便を受け入れる前にパイロットテストと証明書が必要なため、空港は2025年前半に開港すると予想している」と付け加えた。

SSCAのデータによると、1月から9月までに国内の3つの国際空港が合わせて3,685,354人の乗客を処理し、前年比162%増加した。

プノンペン国際空港 (PHN) の到着者数は 2,904,755 人で、沿岸部のプレア シ​​アヌーク州にあるシェムリアップ国際空港 (REP) とケンカン国際空港 (KOS) ではそれぞれ 740,884 人と 39,715 人の乗客を記録しました。

PHN は 40,436 トンの貨物を扱い、REP は 143 トンの貨物を扱った。 KOSの商品数量はまだ発表されていません。

カンボジアは、2023年の最初の10か月間で400万人以上の外国人客を迎え、これは2022年の同時期と比較して179.7%増加した。このうち63.1%が3カ国からの客で、タイは100万人を占めた(外国人客全体の34.1%)。訪問者); 。 )、154.3%の増加。 次いでベトナムが 825,970 人 (18.7%) で、141.5% 増加しました。 中国は 453,562 件 (10.3%) で、497.5% 増加しました。

READ  中国の措置の重みと混合したアジアの株式:市場はラップ