Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

TSMCとMediaTekが2022年に10,000人以上の従業員を雇用する

台湾の2大チップメーカーは、世界経済が国内産業の成長を推進する中で、積極的な拡大計画を強化し、技術的優位性を維持するために、今年10,000人以上のエンジニアを雇用する予定です。

情報筋によると、台湾の半導体メーカーは、2022年に昨年と同様のレベルで約8,000人のエンジニアを雇用することを目指しています。 世界最大のチップメーカーは最大の拡張の真っ只中にあり、台湾、米国、日本、中国に施設が建設され、拡張されています。

TSMCは木曜日に、前例のない世界的なチップ不足を緩和し、人工知能や5Gを利用したアプリケーションで使用されるチップの需要の高まりに対応するために、今年最大440億ドルを費やして生産能力を拡大する計画を発表しました。 TSMCは日経アジアに対し、今年の人員配置計画はまだ確定していないと語ったが、昨年の人員配置目標は約8,000人であると語った。 すでに世界中に60,000人以上の従業員がいます。

一方、出荷台数で世界最大のモバイルチップ開発者であるMediaTekは、今年は2,000人以上を収容すると述べた。 プレミアム5G市場で最近米国のモバイルチップメーカーであるクアルコムを上回った同社は、昨年、2,000人以上のエンジニアを雇用し、総労働力は約19,300人になりました。

MediaTekは主に台湾で採用を行っていますが、チップ開発者が1,000人の強力なR&Dチームを持ち、すでに「半導体分野で卓越した才能」を見つけているインドに大規模な人員配置を追加することを目指しています。 MediaTekは、2021年に研究開発に約1,000億台湾ドル(36億ドル)を費やし、今年の予算を10〜20パーセント増やすと述べました。 2020年の研究開発予算はNT $ 773億です。

この記事はからです ニッキアジア、政治、経済、ビジネス、国際問題に関するアジア独自の視点を持つグローバルな出版物。 世界中の記者と外部のコメンテーターがアジアについての見解を共有し、Asia300セクションでは、日本以外の11か国からの最大かつ最も急成長している上場企業300社を詳細に取り上げています。

参加 | グループサブスクリプション

台湾は、米国に次ぐ収益の面で世界第2位の半導体経済であることに誇りを持っており、数十年にわたって西海岸に完全で成熟したチップセットを構築してきました。 ヨーロッパ最大のチップ機器メーカーであるASMLは、昨年1,400人を雇用し、今年は台湾で約1,000人を雇用する計画であり、島の3,800人の従業員のチームに向けて準備を進めています。 大手チップ材料メーカーのメルクとインテグリスは、台湾に新しい生産施設を建設しており、今年はさらに多くの人材を現地で雇用する予定です。

TSMCとMediaTekの動きは、1年にわたる世界的なチップ危機が、民主的に統治された島とそのクラウンチップ産業の戦略的重要性を浮き彫りにしたことから始まります。 チップの不足は、スマートフォン、パソコン、サーバーから自動車や軍事機器に至るまで、幅広い業界に打撃を与えています。

米国、ドイツ、日本で最大の自動車メーカーの経済は、台湾政府に国内のチップメーカーに自動車チップを優先するよう奨励するよう要請しました。 サプライチェーンのセキュリティを強化するために、政府はまた、半導体生産を上陸させるための大規模な補助金制度を導入しました。

チップサプライチェーンにおける台湾の地位を保護し、人材危機に関する懸念に対処するために、島は最近オープンしました 半導体分野の4つの新しい大学院 上位4大学で。 政府は、国内のチップ産業の成長をサポートする研究開発人材の安定した流れを確保するために、今後10年間でNT $ 3億を投資することを計画しています。

この記事のコピー 2022年1月14日に日経アジアが初版。©2022Nikkei Inc. すべての権利は保存されます

READ  国際原子力機関:日本は福島での放水計画を進めています