Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

TSMCは供給不足の中でチップ価格を最大20%引き上げます

TAIPEI-台湾のチップ大手半導体メーカーは水曜日に顧客に、同社の最大の単一の値上げとなる製品価格を最大20%引き上げる計画であると語った。

価格と値上げの時間枠は顧客によって異なり、台湾の自由時報や他のメディアが報じています。 TSMCの通知を受け取った一部の企業では、増加はすぐに有効になりました。

TSMCと他の台湾の半導体企業は、昨年の秋から今春までの間にチップ価格を10%以上引き上げました。 しかし、強い需要が供給を上回り続けているため、TSMCは再び大幅に価格を引き上げることを決定しました。

生産量の増加に伴うコストの増加は下流に転嫁されており、世界的なチップ危機の中でも同社はより良い交渉力を享受しています。

この動きは、完成品ラベルの価格に影響を与える可能性があります。 TSMCのスポークスマンは、チップ価格の上昇について日経にコメントすることを拒否した。

収益性の低下に対する懸念は、値上げの背後にあるもう1つの理由です。 同社は、2023年までの3年間で1,000億ドルの設備投資を行うと述べた。このコミットメントにより、TSMCが海外展開を後押しする準備をしているため、利益が減少する可能性が懸念されている。

TSMCは、6月に終了する四半期でも36%という高い純利益率を維持しました。

同時に、TSMCのエグゼクティブチームのメンバーは、「米国と日本でそれを製造することは非常に費用がかかるだろう」と述べました。 同社は米国のアリゾナ州に最先端の半導体施設を建設中であり、熊本に日本初のチップ工場を開設することを検討している。

トヨタ自動車などの主要なグローバル顧客は、半導体の不足による減産を発表しました。 TSMCは生産を増やすことで対応しましたが、同社はその影響が来年も続くと予想しています。

READ  日本の投資スターが東芝の取締役会をめぐる論争にどのように関与したかロイター