Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

TSMCは日本に新工場を設立し、台湾のホットスポットを超えて多角化を進めている

TSMCは日本に新工場を設立し、台湾のホットスポットを超えて多角化を進めている

この記事は Science に従ってレビューされています 編集プロセス
そして ポリシー
編集者 コンテンツの信頼性を確保しながら、次の機能が強調されました。

ファクトチェック

評判の良い通信社

校正

台湾の半導体大手TSMCは、日本の南部の熊本県に86億ドルを投じてチップ製造施設を開設する。

× 近い

台湾の半導体大手TSMCは、日本の南部の熊本県に86億ドルを投じてチップ製造施設を開設する。

ニンジンやキャベツの畑に囲まれた労働者たちは、米国の同盟国である日本と台湾の半導体大手TSMCにとってマイルストーンとなる土曜日の工場開設に向けて最後の仕上げを行っている。

熊本県南部にある86億ドル規模の施設は、戦略的に重要なチップの一部を台湾以外の場所で製造するTSMCの取り組みと、かつて支配的だった半導体部門の復活を目指す日本の取り組みを示している。

この自治島はシリコン超大国だが、台湾の領有権を主張する中国からの軍事的・外交的圧力の高まりにより、世界のチップサプライチェーンに対する懸念が高まっている。

この工場はTSMCにとって「ここ数年で開設された最も重要な国際投資」であるとタフツ大学准教授であり、『The Chip Wars: The Fight for the World's Most important Technology』の著者であるクリス・ミラー氏は述べた。

ミラー氏はAFPに対し、「台湾が中国の圧力に立ち向かうのに役立つ強力な友人を確実に確保したいと考えている中、これは台湾と日本の政治関係を強化することにもなる」と語った。

政府の支援

東芝やNECなどの企業は、1980年代に日本がマイクロチップ産業を独占するのに貢献したが、韓国や台湾との競争により、世界市場シェアは50パーセント以上から約10パーセントに低下した。

現在、政府は栄光の時代を取り戻したいと考えており、2030年までに国産チップの売上高を3倍の15兆円以上に増やすために最大4兆円(267億ドル)の補助金を提供している。

キクユ市にあるTSMCの新工場は、その40%以上が政府、そしてソニーとデンソーによって約束されているが、これは最初のものにすぎない。

日本政府からの「強力な」支援を受けて、TSMCは今月、より高度なチップを製造するための200億ドル規模の第2工場を発表し、第3工場、さらには第4工場の設立を検討していると伝えられている。

政府の資金提供を受けている他の企業には、キオクシア、マイクロン、先進的な2ナノメートルロジックチップを製造するIBMと日本企業の合弁事業であるラピダスなどがある。

日本は、かつてこの分野を独占していた半導体産業の復活を目指している。

× 近い

日本は、かつてこの分野を独占していた半導体産業の復活を目指している。

スピード

AppleやNvidiaを顧客に持つ台湾の半導体製造会社は、世界のチップの半分を生産しており、スマートフォンから自動車、ロケットに至るまであらゆるものに使用されている。

しかし、台湾に関する中国の意図についての懸念は近年高まっている。

TSMCの顧客と、重要な物資に関わる政府は、TSMCに対し、島外でさらに多くのチップを生産するよう求めている。

同社は米国アリゾナ州に第2工場を建設中で、ヨーロッパ初となるドイツにも工場を設立する予定だ。

しかし、日本には地理的に近いという利点があり、この分野で豊富な経験があり、建設に少なくとも22か月かかった熊本工場の建設は早い。

「さまざまな企業が建設した多くの工場を見てきたが、TSMCは驚くほど早く建設された」とキクユ地方公務員の今村太郎氏はAFPに語った。

対照的に、米国は民間セクターを強化するために527億ドルの補助金を発表したが、アリゾナ工場の建設は遅れており、労働組合との紛争も起きている。

「シリコンアイランド」

「子供からお年寄りまで、市内の誰もが『チップス』と『TSMC』という言葉を知っています」と今村氏は、「TSMC労働者を歓迎します」と書かれた看板が掲げられたキクユ市役所で語った。

1960 年代以来「シリコンアイランド」として知られる九州には、日本の半導体企業の 3 分の 1 以上が拠点を置いています。

× 近い

1960 年代以来「シリコンアイランド」として知られる九州には、日本の半導体企業の 3 分の 1 以上が拠点を置いています。

九州リージョナルフィナンシャルグループは、熊本における原発の経済効果は今後10年間で6兆9000億円に達すると試算している。

熊本県を含む九州は 1960 年代から「シリコンアイランド」として知られ、日本の半導体企業の 3 分の 1 以上が拠点を置いています。

しかし、人口高齢化が進む日本の他の分野と同様に、特に地元の学生が退職したり、ポテトチップス以外の分野を選択したりしているため、十分な労働者の確保に懸念がある。

熊本工業高等専門学校の高倉健一郎助教は、学生たちは「ソフトウェアへの関心が高まっている」と語る。

九州工業大学のもう一人の教授、中村一幸氏も、学生たちは周期性の高いチップ業界をハイリスクだとみなしていると述べた。

「私の時代、この業界は素晴らしいように見えました…しかし、日本が衰退するにつれ、その人気は低くなりました」と、半導体労働者向けに4日間のクリーンルーム研修を主催する元NEC従業員は語った。

中村氏の学生の一人である小田啓太氏は、半導体研究の修士号取得を計画しているが、少なくとも熱心だ。

「ポテトチップスは日常生活の大きな部分を占めています」と22歳の彼は語った。 「だから私はこの業界の最前線で働きたいのです。」

READ  日本で最初のテスラデリバリーセンターが来月開始されます