Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

TVIDS-ニュース-「ヘッドスタート」配偶者のための日本のオリエンテーションクラスキャンプがジャマで再開

日本のキャンプジャマ(2021年3月30日)-日本の文化、習慣、言語であるキャンプジャマを新参者に紹介する1週間のオリエンテーションが、先月ここの教育センターで兵士や民間人とのライブミーティングを開始しました。

2020年春にCOVID-19が発生したため、キャンプジャマの「ヘッドスタート」プログラムは失敗に終わり、その年の7月に兵士と民間のスポンサーだけが再開する必要がありました。 2月16日から19日までは、サブスペシフィックプログラム、グループサイズ、および社会的距離のルールに従うための対策が復活しました。

3月15日から18日までのクラスには3人の配偶者が参加し、日本語の基本的な書き方や便利なフレーズ、現地の方法や習慣、日本の歴史などのトピックについて4日間の指導とディスカッションを行い、郵便局への遠足を行いました。 、レストラン、地元の神社。

インストラクターの齋藤めくみさんは、配偶者に良い入門書を与えることで、日本での生活の特徴を知ることができ、ここでのツアーを最大限に活用できると語っています。

「彼らが(日本にいる間)素晴らしい経験をすることができるように、彼らに良いスタートを切りたいです」と斎藤は言いました。

齋藤氏は、ヘッドスタートプロジェクトが参加者のツアーをより楽しくするのに役立つことを望んでいると語った。 彼は日本に住んでいる間、彼らが米国への非公式の「大使」として見られていることを参加者のそれぞれの新しいグループに思い出させたいです。

「私の目標は、彼らが日本の文化、習慣、言語(および)の歴史について学ぶのを便利にし、プロジェクトを完了した後、彼らが自分で物事を行うことに自信を持てるようにすることです」と斎藤氏は語った。

参加者のキンバリー・ウェイド氏は、日本に約8か月滞在した後、ようやく授業に参加できるようになり、プロジェクトが再開されたことを嬉しく思いました。

ウェイドは日本で訪問する場所についていくつかのメモを取り、クラスは彼が次に一人で去ったときに日本語を使うのに非常に役立ったと言いました。

「インストラクターがクラスを有益で楽しいものにするためにどれだけの時間と労力を費やしたかを本当に感謝しています」とウェイドは言いました。

参加者のシルビア・テンソン氏は、日本に6か月滞在しており、配偶者に提供する情報が日本文化に精通するのに役立つため、クラスに戻って喜んでいると述べました。

「このクラスは優れたリソースです」とTenson氏は述べています。 「私はあなたが日本の文化を理解するのを助けるのに十分なことを学びました。」

テンジンは、両方のインストラクターが非常に知識が豊富で親切で、クラスで提起されたすべての質問に答えることができたと言いました。 彼が学んだ情報は間違いなく日本がスムーズな習慣を確立するのに役立つだろうと彼は付け加えた。

参加者のユリアナ・チャンは、わずか数日で多くの情報を学びました。これは、特に地下室に住んでいるため、日本の文化や特定のエチケットの状況での行動を理解するのに役立ちます。

「私をよりよく理解するのを助けてくれた2人の素晴らしい先生がいてとても感謝しています。 [the] 日本語と文化」とチャンは語った。 「日本について何か新しいことを学ぶのはワクワクします。」

スポンサーは、リーダーシップ小学校クラスでの作業中に陸軍人事課の事務所に行くか、263-4122または263-8699に電話することにより、配偶者の予約をすることができます。 コミュニティのメンバーは、263-5055に電話するか、教育サービスの専門家であるDavid Rootに[email protected]に電子メールを送信して、クラス関連の質問を送信できます。

来月の授業は4月12日〜15日に予定されています。 その後、一時的に授業が予定されており、今後、施設のヘルスケア状況が変更されたり、グループミーティングで許可された人数に応じて変更される場合があります。

取得されたデータ: 03.30.2021
発売日: 03.29.2021 20:14
ストーリーID: 392537
ロケーション: ジャマ、神奈川、J.P。

Webビュー: 4
ダウンロード:

パブリックドメイン

READ  最新のコロナウイルス:米国はオリンピックに先立って日本に「旅行しない」を発行します