Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Twitterによると、2022年上半期は過去6か月よりも多くのコンテンツを削除した

Twitterによると、2022年上半期は過去6か月よりも多くのコンテンツを削除した

4月25日(ロイター) – ツイッターは火曜日、億万長者のイーロン・マスクがソーシャルメディアプラットフォームを買収する前の2022年上半期に650万件以上のコンテンツを削除するようユーザーに依頼したと発表した。これは下半期から29%増加した。 2021年から。

Twitter は、コンテンツの削除数を公開しました。 ブログ投稿 同日、欧州連合(EU)は、当局とのデータ共有、誤った情報への取り組み強化、外部および独立した監査の実施を要求する画期的な新しい規則の対象となる 19 社のテクノロジー企業の 1 つに、ソーシャル メディア プラットフォームが含まれると発表しました。

欧州委員会のウェブサイトによると、ルール (オンライン プラットフォームに関する世界で最も厳しい規制の一部) を順守しない場合、世界の収益の最大 6% の罰金、または EU での事業の禁止さえも科せられる可能性があります。

Musk が 10 月に Twitter を買収し、スタッフの 80% 近くを削減する前は、Twitter は通常、サイトで年に 2 回レポートを公開していました。 透明度センター 停止されたアカウントの数や政府からのデータ要求の数などの詳細情報を提供する Web サイト。

火曜日のTwitterのアップデートは短いブログ投稿の形で行われ、同社は今年後半に「透明性レポートの前進への道筋」に関する最新情報を提供すると述べた.

透明性レポートの公開は、新しい EU インターネット規則の下での要件です。

同社によると、2022 年上半期に政府から特定のコンテンツを削除するよう 53,000 件の法的要請があり、日本、韓国、トルコ、インドが最も多くの要請を行っていました。

Twitter は、何件の要求に応じたかを明らかにしていません。

(ダラスの Sheila Dang による報告; Chris Reese による編集)

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  [Video] CES 2024でサムスンの140インチマイクロLEDテレビをチェックしてみた