Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

TytoCare と SOMPO は、日本の医療診断手続きを簡素化するために提携します。

TytoCare と SOMPO は、日本の医療診断手続きを簡素化するために提携します。

イスラエルの医療診断および検査プロバイダーであるTytoCareは、日本の老人ホームおよび老人介護市場に注力するために、日本の保険会社ソンボのデジタルオペレーション部門であるLight Vortexと商業提携を締結した。 この取引は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)から規制当局の承認を受けたすべての企業に続き、別の日本企業であるアルムと協力して行われる。

TytoCareの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)のテディ・ギラット氏は「この提携は、当社の高度な遠隔医療ソリューションと、日本市場でヘルスケアサービスを利用しやすくするというSOMPOの取り組みを組み合わせ、高齢患者向けのヘルスケアサービスの体験と質を大幅に向上させる」と説明した。 「最終的には、私たちは力を合わせて社会の福祉を向上させ、日本の医療全般の質と利便性に関する新たな基準を設定できると信じています。」

1 ギャラリーを見る

エヤル・イノン・デディ TytoCare SOMPO

エヤル・バウム、イノン・トレフ、テディ・ギラット

(写真提供者: イスラエル・ハダリ)

日本は世界で最も急速に高齢化人口が増加している国の一つです。 この国の出生率が低いため、一般人口に占めるその割合は世界で最も高く、国内の65歳以上の人口の割合はすでに30%を超えているが、イスラエルではその数字は10%から15%の間にある。 %

TytoCareとAllmの提携は、テルアビブのSOMPOイスラエル・イノベーション・センターが主導しており、同センターは、インシュアテック、デジタルヘルス、交通、ブロックチェーン、サイバーセキュリティなどに関連するイスラエルおよびヨーロッパのテクノロジー企業との投資と協力を担当している。

SOMPO は日本での事業のうち、老人ホームの全国チェーンを運営しています。 合計 301 の老人ホームと 28,500 の部屋があり、さらに高齢者向けのサービスを提供するデイ センターが 58 か所、デイ センターが 505 か所あります。 日本では高齢者人口の割合が高いため、医療サービスの需要の増加や介護の不足など、介護に関して多くの課題が生じています。

3社の提携は、ティトケアが遠隔医療の分野で開発した革新的なソリューションを通じて高齢者医療を改善することを目的としている。これには、診断カメラ、デジタル聴診器、医師を支援するAIベースの医療インテリジェンスモジュールが含まれる。 」とイスラエルのSOMPOイノベーションセンター所長インナン・ドレフ氏は語った。 「提携の目的は、医療スタッフが物理的に存在しない場所で最適なデータベースの医療を生み出すことです。」

TytoCareは11年前に設立され、これまでに2億500万ドルを調達した。 同社のソリューションを使用すると、体温、心臓、脈拍、肺、喉、耳、胃、皮膚などの 8 つの頻繁な検査を実行できます。 その後、デバイスは検査結果を医師に送信し、医師は遠隔臨床検査を実施できます。 そのサービスは現在、米国、英国、スイス、オーストラリア、イタリアなどの国で利用可能です。

READ  日本はバイデンの「外国人排斥的」発言を「残念」と非難