Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

UPDATE 2-日本の首都で消費者インフレ率が 42 年ぶりの高水準に達し、日銀に圧力がかかる

UPDATE 2-日本の首都で消費者インフレ率が 42 年ぶりの高水準に達し、日銀に圧力がかかる

*

ジョン東京コア CPI は前年比 4.3% 上昇 vs f’cast +4.2%

*

1月の東京コアコアCPIは前年比3.0%上昇

*

データはインフレ圧力の高まりを強調している

*

政府は2月から緩やかな値上げに対して燃料補助金を提供している

(アナリストの引用、IMF の提案を追加)

和田貴彦、木原レイカ

[東京 1月27日 ロイター] – 日本の首都で1月のコア消費者物価は4.3%上昇した。これは全国的なトレンドの先行指標であり、ほぼ42年ぶりの年間上昇率を記録した。 景気刺激策。

このデータは、企業が住宅への支出を増やし続けているため、今後数か月間、インフレ率が日銀の目標である 2% をはるかに上回る水準にとどまる見通しを高めています。

生鮮食品を除くが燃料を含む東京のコア消費者物価指数(CPI)の上昇は、4.2%の上昇という平均的な市場予測を上回り、1981 年 5 月以来最速の年間上昇を記録した。

これは12月の3.9%の上昇に続き、金曜日のデータによると、中央銀行の8か月目の目標である2%を上回りました。

10 年物日本国債 (JGB) の利回りは、データの発表後、1.5 ポイント上昇して 0.475% になりました。これは、インフレ率の上昇により中央銀行が刺激策をすぐに撤回するだろうという市場の期待を反映しています。

キャピタル・エコノミクスの日本担当エコノミスト、ダレン・デイ氏は、「これらの指標は、今月、全国的にインフレ率がさらに大幅に上昇したことを示している。

「しかし、私たちはそれがピークに達すると予想しています。エネルギー関税を引き下げる政府の措置は来月から始まり、インフレを1%ポイント引き下げるでしょう」と彼は言った。

燃料と生鮮食料品のコストを除外した東京の指数は、内需による物価圧力の指標として日銀によって注意深く監視されており、1 月には前年比 3.0% 上昇し、12 月の年間上昇率は 2.7% でした。 .

国際通貨基金による木曜日の提案を受けて、日銀は国債利回りをより柔軟に引き上げることを許可し、超緩和的な金融政策からの円滑な出口の土台を築くでしょう。

これは、一部のアナリストによると、実施される可能性がある日銀の主要なリーダーシップの変更に先立っています。

新知事

現在の黒田晴彦は、その急進的な金銭的インセンティブを解明することに関心があります。

日銀は今月、金融政策をかなり緩和したままにしましたが、企業が引き続き高い原材料費を家に転嫁しているため、新しい四半期予測でインフレ予測を引き上げました。

4月に任期が終了する黒田氏は、賃金がさらに上昇するまで金融政策を非常に緩和し続ける必要性を強調し、最近のコストプラスインフレを強い内需によるインフレに変えている. (和田貴彦と木原ライカによる報告、ブラッドリー・ペレットによる編集)

READ  勇気! 日本は武士の精神を召喚してクロアチアと衝突する