Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

USAバスケットボールはシカゴブルズのスターザックラヴィーンを健康と安全のプロトコルに入れます

米国は7月25日にフランスとのオリンピックグループAのプレーを開始する予定です。 その後、7月28日にイランと7月31日にチェコ共和国とのチーム大会が行われます。

東京郊外の元ユーコン女性スター、サミュエルソン

ケイティ・ルー・サミュエルソン 彼女はラスベガスでのトレーニング中にCOVID-19に感染した後、オリンピックで初の3v3女子バスケットボールを終了しました。 サミュエルソン氏は声明のなかで、「東京に行って競争することはできないだろう」と述べた。 「私は幼い頃からオリンピックに出場することが私の夢でした。いつか戻ってその夢を実現できることを願っています。

「完全な予防接種を受け、あらゆる予防策を講じたのはとても悲しいことですが、すべてが想定どおりに機能することはわかっています。私にとって最善のことだけを願っています。 [USA Basketball] 彼らがそこに出て彼女を押しつぶすときの彼の同僚。 あらゆる段階であなたを励まします。」

WNBAのシアトルストームでプレーするサミュエルソンは、5月のオリンピック出場に向けて米国を支援する準備ができるように、ヨーロッパのシーズン中に予防接種を受けるために家に帰りました。 リスト内で次のように置き換えられます ジャッキー・ヤング、2020年に3v3トレーニングキャンプで米国でプレーし、2019年のワールドビーチゲームズのイベントにも参加しました。若者が参加します。 ステファニードルソンそしてその アリシャ・グレイ と彼女のラスベガスエーシズのチームメイト ケルシーブルーム

チームUSA3v3は、月曜日に男子と女子の5チームと共に東京に飛びました。 3v3オリンピックトーナメントは7月24日に始まり、7月27日まで予選が行われます。 準々決勝の試合は7月27日に行われ、準決勝と翌日の決勝が行われます。

米国の女性体操の代替選手であるカラ・エッカーは、テストで陽性

カラエッカー米国の女性体操チームの代替メンバーである、は、日本のオリンピックトレーニングキャンプでCOVID-19の陽性反応を示しました。

アルフォン、Ikerと彼の仲間のオリンピック代替選手の両方のパーソナルトレーナー リアンウォン、AP通信への電子メールで陽性テストを確認しました。 コーチは、18歳のエッカーが2ヶ月前に新しいコロナウイルスの予防接種を受けたと述べた。

エッカーウォンは弾劾されました。

USA Gymnasticsは、IkerまたはWongを指定していませんが、テストで陽性であり、別の代替選手であるアスリートは、追加の検疫制限の対象になると声明で述べています。

組織は声明のなかで、「オリンピック選手は当初の計画どおり、別の宿泊施設と別のトレーニング施設に移動し、今後も大会の準備を続ける」と述べた。 「代表団全体は引き続き警戒を怠らず、東京にいる間は厳格な議定書を維持します。」

4つの選択肢-Ecker、Wong、 Kayla DeSillo そしてその エマ・マラボヨ -私は世界の6人の女性のアメリカ代表団とオリンピックチャンピオンと一緒に日本に旅行しました シモーネ・バイルズそしてその ジョーダンチリズそしてその グレースマッカラムそしてその スニサ・リーそしてその ミカイラスキナー そしてその 翡翠カレー

陽性テストは、週末にエッカーが「偽陽性」と呼ばれるものを受け取った後に行われました。 エッカーは後に陰性の検査を受けた後、再び陽性を数回検査しました。

「カラは症状もなく非常にうまくいっている」と彼は言った。 カーラ・グライムス、ミズーリ州カンザスシティのジムであるGAGE Centerで働いている、Eckerがトレーニングを行っている郊外のAPへのメール。 「彼女は信じられないほど強く、非常に勇敢です。これは彼女にとって非常に残念な結果ですが、彼女はすべての人に自分が大丈夫であることを知ってもらいたいと思っています。」

オリンピックの作曲家が論争の中で辞任

競女!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!芸名コーネリアスを使用するオリンピックの作曲家(52)は、障害を持つ仲間の学生に嫌がらせをするために学生として電話したことを認めた後、東京組織委員会に辞任を申し出たとツイッターで発表した。 彼が開会式で音楽を監督することになったちょうど4日前に起こったのは衝撃的な展開でした。

発表の直後、1990年代の日本の雑誌へのインタビューの一部がソーシャルメディアに掲載され、彼は何年も前にクラスメートを怒らせた方法を説明しました。 インタビューによると、小山田さんはダウン症の子供たちをからかって、クラスメートをはぎ取り、自慰行為を強要したとのことです。

青山田氏は、圧力の高まりと辞任を求める請願で、オリンピックの式典に「参加の申し出を受け入れたとき、私は多くの人のことを考えていなかったことを十分に認識した」と語った。

READ  公衆衛生学の教授、東京五輪を開催するのは「ばかげている」と語る