Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

UWFプロジェクトは精神的健康を改善するために日本の「森林浴」を促進します

UWFプロジェクトは精神的健康を改善するために日本の「森林浴」を促進します

最近の金曜日、私はチャシディック・フィッシャー・ホッブスと一緒に西フロリダ大学のキャンパスを散歩しました。 トレイルシステム ペンサコーラにて。

フィッシャー・ホブスは 教授 UWF の教授であり、同大学の 1,600 エーカーのキャンパスを解釈し保存する最近の取り組みのリーダーでもあります。

午前9時頃にはすでにとても暑く、寂しい松の小道を歩いていると、お湯を張った浴槽に浸かるような気分でした。

しかし、私たちがそこにたどり着いたのは、別の種類の入浴でした。それは、日本発祥の瞑想的なハイキングの一種である「森林浴」でした。

“文 ‘森林浴 「森林浴」という用語は、1980年代に日本の林野庁長官によって初めて作られたと、ワシントンD.C.の作家で博物学者のメラニー・チュカス・ブラッドリー氏は説明する。 「彼らは日本で、特に東京では人々が非常に長時間労働しており、人々が非常にストレスを感じており、身体的、精神的な健康へのあらゆる種類の影響を経験しているという事実を非常に懸念していました。」

チュカス・ブラッドリーは彼について何冊か本を書いています 森林浴。 彼女の最新作」ワイルドウォーキング:四季折々の森林浴ガイド』が今月刊行されます。

「現在、(日本には)この習慣専用の森が60以上あり、人々は外に出て小道を歩くことを奨励しています。本当にスピードを落とし、深呼吸して、その美しさに浸ってください」と彼女は付け加えた。 「そして自然の驚異には信じられないほどの癒しの効果がありました。」

メラニー・ショウカス・ブラッドリーの著書『ワイルド・ウォーキング:季節を通じた森林浴ガイド』が火曜日に出版される。

フィッシャー・ホブズはこの治療効果を直接体験しました。

「森の中にいると、認知面でも気質面でも驚くほど良い影響があるといつも感じていました」と彼女は言いました。 「キャンプ旅行から帰ってくると、とても気分が良くなったので、そのことに興味を持ち始めて少し調べてみたところ、日本では何世代にもわたって医療制度の公式の一部としてこれを行っていることがわかりました。私はこう思いました。 「はい、どうぞ。」

米国聖公会からの助成金の援助により 創造物を大切にする このプログラムでは、ハイカーに運動を奨励することを目的として、フィッシャー ホッブズが全国の UWF トレイルに一連の解説ディスプレイの設置を主導しました。 森林優子。

金曜日、私たちは道路でこれらの標識の一つに遭遇しました。

「ゆっくりしてください」と彼は警告した。 「カタツムリのふりをしてください。速度を落としてください。日陰、日光、暖かさ、涼しさ、地形の質感の変化を意識的に感じながら、森の中を移動してください。」

研究によると、森林浴は心臓血管の健康を改善し、炎症を軽減し、呼吸器、代謝、免疫機能を改善することができます。

この証拠は非常に説得力があるため、森林浴の処方箋を書くことが日本の医師の間で標準的な習慣となり、米国の医師の間でも増えてきています。 彼らはそれをやる、 また。

身体の健康だけでなく、森林浴が個人の精神的健康を改善できることを示唆する研究も増えています。

「これまで研究されてきたことの中で、私生活に関係のあることの一つは、森林浴が反芻にどのように役立つかということです」とチュカス=ブラッドリー氏は語った。 「反芻思考はネガティブな思考パターンです。頭の中で何かを何度も変え始めたときに起こります。実際には何も進んでいません。問題は解決していません。何かを考えすぎて気が狂ってしまっているだけです」そしてもう一度。」

作家で博物学者のメラニー・チュカス・ブラッドリーは森林浴の専門家です。

作家で博物学者のメラニー・チュカス・ブラッドリーは森林浴の専門家です。

「そして、物事を反芻することは、不安や憂鬱につながる可能性があります。自分自身にそうするようになったり、物事を反芻し始めたりすると、(ワシントンDCの)ロック・クリーク・パークに出かけます。小川に沿って歩きます。なるほど。美しいアオサギが狩りをしていると、木々に風を感じ、上空の雲を見ると、このネガティブな思考パターンは消えていきます。」

フィッシャー・ホッブズも同様の経験をしました。

「私の周りに生み出される新鮮な空気がストレスやネガティブな考えを取り除いてくれるのを想像して、歩きながらそれを想像してしまいます。それに、空気がとても良くなりました」と彼女は語った。 とても美しいものを見ますよね?

夏の暖かい空気を吸い込みながら、カタツムリのようにゆっくりと道を歩きながら、私たちの目は本当に美しいものに目を奪われました。樹冠の中にある白頭ワシの巣です。 その瞬間、仕事の日の不安が本当に消え去ったように思えました。

もちろん、不安は今に始まったことではありません。 他には何もありません 森林浴。 しかし、フィッシャー・ホブズ氏とチュカス・ブラッドリー氏は、社会全体、特に大学キャンパスが社会的、政治的、技術的大変動によって混乱しているように見える現在、この慣行が特別な反響を呼んでいると述べた。

UWF 教授のシャシディ フィッシャー ホブズは、大学の 1,600 エーカーのキャンパスでの森林浴の実践の促進に貢献しています。

西フロリダ大学

UWF 教授のシャシディ フィッシャー ホブズは、大学の 1,600 エーカーのキャンパスでの森林浴の実践の促進に貢献しています。

「森林浴は、私たち全員がこの特定の瞬間に経験していることに対する最良の治療法の一つだと思います」とチュカス=ブラッドリー氏は語った。そして、自然の中に出かけるときは、「携帯電話を森林浴モードにして、悪いニュースから一休みするように努めてください。気候変動や私たちの民主主義そのものについて心配することから休んでください。」

チュカス・ブラッドリーは著書の中で、誰もが彼女が「野生の家」と呼ぶ場所を持つべきだと述べています。

「私が皆さんに勧めたいのは、自然の中に家を見つけて、季節を通して、一日中、どんな天候でも、その場所に何度も戻って時間をかけて過ごすことです」と彼女は語った。 「あなたはその場所を親密に知るようになります。あなたはその場所と他の人々との関係と非常によく似た関係を築きます。」

フィッシャー・ホッブズ氏は、ウィスコンシン大学(UWF)のトレイルが、キャンパスと周囲のコミュニティの両方にとって、自然の生息地になることを望んでいます。

「キャンパス内のこのトレイルは、自然に慣れていない人にとって非常に不快な国有林に行くよりもはるかにアクセスしやすいと思います」と彼女は言いました。

ショーカス・ブラッドリーさんは、より多くの人がこの習慣を受け入れてくれることを願っていると語った。

「私たちは、たくさんの美しさとたくさんの生命に囲まれています。森で入浴すると、私たちは森の一部であると感じます。人間として、私たちは自然から切り離されていると感じることが多いと思います。たくさんあります。」と彼女は言いました。 外出するとき、それに伴う痛みから解放され、自分をその日の一部として受け入れ、周囲のどんな天気でも、木々や鳥や水に何が起こっていても、その一部になることを自分に許しましょう。それの。

Copyright 2024 WUWF

READ  日本:動物性食品に代わる健康的な代替品の需要が植物ベースの食品市場を加速 - ビーガン エコノミスト