Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

VOX POPULI:新しい機関は病気ではなくインフレを治す必要があります

第二次世界大戦の終結直後、東京の政府地区にボカチュウ(価格庁)と呼ばれる役所が設立されました。

当時の日本経済は完全に混乱しており、じゃがいもや米の価格は手に負えなくなっていました。 この機関は、インフレを抑制することを目的として、米国の対応機関の方針に沿って設立されました。

連合国の占領当局は当初、武家商(​​価格省)の名称で設立することを要求したが、日本政府は官僚的な管轄権の問題を理由に全滅し反対した。 結局、彼女に「選ばれた」代理店の地位を与えることについて合意に達した。

それは「人々の生活の安定」の鍵として位置づけられ、そのオープニングは最も重要なトップページのニュースとなりました。

しかし、新聞は、占領の終焉とともに、6年弱後に代理店が閉鎖されたとき、迅速な報道しか提供しませんでした。

省庁は常に日本の官僚的階層の最上位にあります。 旧国防庁や環境庁などの省庁に「昇進」した事例もある。

しかし、カラフトチュー(サハリンエージェンシー)、ナンユエチュー(南越エージェンシー)、カントチュー(カントエージェンシー)、バイシュチュ(補償エージェンシー)など、多くのエージェンシーも行き来しています。

1948年に設立された中経済中佐中(中央経済研究庁)の寿命はわずか10ヶ月でした。

さて、日本は「感染症危機管理庁」を設立しようとしています。 彼女の人生は長いのか短いのかしら。

岸田文雄首相の主導で、同庁は国の公衆衛生危機に対応するための統制センターとして機能する。

調査機関は、岸田文雄氏が昨年秋に自民党の大統領選挙運動中に創設することを約束した岸田文雄氏(公衆衛生危機管理機関)である。 彼は早くも6月15日に詳細を発表することが期待されていました。

今年の夏に上院選挙が近づく中、岸田文雄が空の約束をしたと非難されたくないのは明らかだ。 感染症のリスクがなくなることは決してなく、国は確かにある種の危機管理センターを必要としています。

しかし、なぜ今なのか? このエージェンシーが、スガの前政権下で大ファンファーレで設立されたが、それ以来どこにも行かなくなったデジタルエージェンシーの運命に従わないことを願いましょう。

野菜、小麦粉、ガソリンの価格は今や記録を更新しています。

私が消費者として話すことができれば、商品の法外な価格から家族を守るための価格設定機関は、感染症危機管理機関よりも歓迎されるでしょう。

-朝日新聞、6月15日

* * *

Vox Populi、Vox Deiは、文化、芸術、トレンド、社会の発展など、幅広いトピックに関する人気のある日刊コラムです。 ベテランの朝日新聞作家によって書かれたこのコラムは、現代の日本とその文化への有益な視点と洞察を提供しました。

READ  日本はウクライナのロシアのズベルバンクとアルファ銀行の資産を凍結