Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

VOX POPULI:日本は便利さのために世界的に有名な空中の木を虐殺します

空中の木々の常緑の葉の下に立つことはまた、夏のひどい暑さからの救済を提供します。

通りに並ぶたくさんの木々の中で、私はいつも空中の木を差別しています。 しかし、近年、その数は急速に減少していると思います。

たとえば東京では、35年前には約5万本の空中樹がありましたが、現在はその半分しか生き残っていません。

イチョウと桜の開花に続いて、かつては全国で3番目に大きいものでした。 しかし、どういうわけか、彼らは12位に行きました。 なぜこの劇的な衰退?

「彼らは秋にたくさんの葉を落とし、路上で「雨」の毛虫さえも流しました」と64歳のXiaEpizawaは説明しました。 「当然、多くの人が不平を言います。」

東京都グアヤキル区役所の長年の社員であるエピザワは、「街路樹は質問をする」という本を共同出版しました。

エピザワ氏によると、熱波や洪水などの悪天候が頻繁に発生するため、世界の先進国では気候変動に対処するために路傍の木を使用することが増えています。

「空中樹木は特に耐熱性があるため、これらの国々はより多くの樹木を植え、枝を伸ばしてより多くの日陰を作ります」と彼は述べました。

しかし、日本では、落ち葉のサイズを小さくするために積極的な剪定が広く行われるようになり、その結果、木の日陰が少なくなっています。

J.R. 渋谷駅近くの賑やかな歓楽街で、ほぼすべての支店から容赦なく若い木々が並んでいるのを見ました。 見るのが辛いシーンでした。

日本の官僚機構の本拠地である霞家関地区のシーンが哀れだったように、裸の木は電柱と間違えられたのかもしれません。

対照的に、開花アヒルの木は、近年、全国で人気を集めています。 春は白または淡いピンクの花が美しく、秋は黄色とロゼットの葉が咲きます。

そして最も重要なことは、彼らは一般の人々からいくつかの苦情を生み出していることです。

この秋、道端の木々の起伏は、人々が「快適」と考えるかどうかを強く反映していることを学びました。

-朝日新聞、11月。 3

* * *

Vox Populi、Vox Deiは、文化、芸術、社会の動向や発展など、さまざまなトピックをカバーする人気のある日刊紙です。 朝日新聞の上級作家によって書かれたこの記事は、現代の日本とその文化についての有用な洞察と洞察を提供します。

READ  日本の新首相は選挙に関して支配を楽しんでいます