Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

WarnerMediaは、HBO Maxの発売に先立ち、インド、アジアのチームにコンテンツを採用しています

ニューデリー :メディアとエンターテインメントのコングロマリットであるワーナーメディアは、アジアでのHBO Maxの発売に先立ち、元の制作チームを強化するために、アジアで3人のシニアコンテンツを採用することを発表しました。

Saugata Mukherjeeは、インドのコンテンツ(エンターテインメント)の責任者としてWarnerMediaに加わりました。 新たに創設された役職で、彼はインド、東南アジア、韓国のマネージングディレクターであるクレメントシュウェビグの直属となります。

ディズニーとソニー・ピクチャーズ・ネットワークスが所有するストリーミングプラットフォームであるSonyLIVと協力してきたMukherjeeは、2021年後半に参加し、地元のオリジナルのコミッショニング、およびすべての一般的なエンターテインメントジャンルにわたるインドのコンテンツの取得と開発を担当していると同社は声明で述べた。 昨年9月、インド向けHBOMaxの価格プランがオンラインでリークされました。 メディアの専門家は、今年初めに発売される可能性があると指摘しています。

シンガポールを拠点とするチームでは、Mark Francisが制作および開発のグループリーダーに任命されました(スクリプトおよびスクリプトなし)。 また、Wee Shi Mingは、北アジアコンテンツのエンターテインメントコンテンツ取得のリーダーに指名されました。 彼らは両方とも、ワーナーメディアのコンテンツ責任者であるマグダレン・ユーに報告します–東南アジア、台湾、香港のエンターテインメント。

「これらは、この地域でのオリジナルのコンテンツとプログラミングの野心を高めるために重要な役割です。 Saugata、Mark、Shi Mingは、受賞プロジェクトに大きな目を向けており、業界内でうらやましいつながりを持っています。 過去数か月にわたってすべてが整ったので、私たちは地元の聴衆をバランスの取れたプレミアムなスレートで楽しませる素晴らしい形を探しています」とSchwebigは声明で述べています。

アストロの元OTTコンテンツ責任者であり、iflixの最高コンテンツ責任者であるフランシスは、地域チームを率いて「MaxOriginals」のバナーの下でアジアのオリジナル作品を開発します。

コンテンツ取得チームのWeeShi Mingは、2021年後半に開始し、日本語、韓国語、中国語、アニメのタイトルの確保に注力します。 この役職に就く前は、ViuとSony Pictures Television Networksに在籍し、アジアのコンテンツの買収とプログラミングの責任者を務めていました。 彼女は現在、国際および英語のエンターテインメントタイトルのコンテンツ取得を主導するKatheryn Limと協力しており、どちらもEwに報告しています。

2021年9月、ワーナーメディアはまた、東南アジア、台湾、香港での地域エンターテインメントコンテンツのラインナップを拡大するための物理的な制作リーダーとしてオードリーウィーを任命したことを発表しました。 そして7月、May-Yi Leeは、同じ地域のスクリプトなしで、開発と制作のリーダーに指名されました。 ウィーはユーに報告し、リーはフランシスに報告します。

申し込む ミントニュースレター

* 有効なメールアドレスを入力してください

* ニュースレターをご購読いただきありがとうございます。

ストーリーを見逃すことはありません! Mintとの接続を維持し、最新情報を入手してください。 今すぐアプリをダウンロードしてください!

READ  シドニー・ポワチエのニュース-最新:俳優の死後、マーク・ラファロ、バラク・オバマ、ウーピー・ゴールドバーグが賛辞を送る94