Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Weather Watch: アラスカ、カリブ海、日本の嵐 | 異常気象

大西洋と太平洋で正式に命名された 5 つ以上の嵐があり、非常に活発なままです。

ハリケーン フィオナはカリブ海で発生し、熱帯大西洋シーズンの最初の嵐として大きなハリケーンに成長しました。 フィオナは日曜日に時速 115 マイルでプエルトリコ南西部に 762 mm (30 インチ) の雨を降らせました。

島全体が電力を失い、100 万人以上の人々が送電網を失いました。 この嵐で橋が流され、壊滅的な洪水と土砂崩れが発生し、5 人が死亡しました。

その後、フィオナはドミニカ共和国東部に上陸し、2004 年のハリケーン ジャンヌ以来、初めてハリケーンがこの地域を直撃しました。

海と大気の状態が良好なままであったため、フィオナは月曜日の夜に北カリブ海を離れて激化し、水曜日までに時速 140 マイルの持続的な風を伴うカテゴリー 4 の嵐になりました。

フィオナは木曜日遅くにバミューダに到着し、米国東部を避けて北西に移動し、今週末、カナダ大西洋にハリケーンの強風と大雨をもたらしました。

同時に、台風ナムドルが日本の南の島々に上陸し、本土に広がりました。 ピーク時には、ナンマドルはカテゴリー 4 のスーパー台風に分類され、時速 150 マイルの風が持続し、何百ものフライトがキャンセルされました。

日本に上陸した台風としては、70年以上で2番目に強いと推定されています。 総雨量は 300 ~ 500 mm で、多くの川が氾濫します。 九州、四国、津国地方では 800 万人が家を追われ、少なくとも 4 人が死亡した。

一方、ハリケーン マーボックは、半世紀で最悪の嵐で、アラスカ西部を襲いました。 先週末、ベーリング海では波が 50 フィート (15 メートル) に達し、高潮によって洪水が発生し、海岸線 1,000 マイルが被害を受けました。

沿岸地域の 1 つであるノームでは、1974 年以来、通常の潮位より 11 フィート高い水位を経験しています。 負傷者、死亡者、行方不明者の報告はありませんでした。

READ  日本は11年ぶりに原子力発電所を運営する都市に戻る