Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

WHOのチーフはCovidPatientZeroが武漢の研究室労働者だったかもしれないと言います

世界保健機関の長は、Covid-19ウイルスに感染した最初の人は、コウモリと接触した武漢の実験室の従業員であった可能性があると主張しています。

Peter Embark博士は、コロナウイルスの起源に関するWHOの4週間の調査を主導し、当初、ウイルスが市の研究所から来たという理論は「非常にありそうもない」と主張しました。

しかし、疫学者で食品安全の専門家であるムバラク博士は、武漢の検査技師がコウモリに感染した可能性があると述べています。

彼はデンマークのテレビに語った TV2:サンプルを採取して現場で負傷した従業員は、考えられる仮説の1つに該当します。

これは、ウイルスがコウモリから人間に直接伝染する場所です。 この場合、それはランダムな村人やコウモリと定期的に接触している他の誰かではなく、実験室の労働者になります。

「それで、それは実際に潜在的なカテゴリーにあります。」

しかし、WHOチームは、Covidの発生が武漢ウイルス研究所で行われている研究に関連しているという証拠を発見しなかったと彼は付け加えました。

彼は、WHOの専門家は、コロナウイルスの発生が武漢研究所で行われたコウモリの研究に関連しているという直接的な証拠を見つけていないことを強調した。

2019年12月に武漢で最初の既知の症例が発生した後、ウイルスの起源は専門家の間で熱く論争され続けていますが、ほとんどの専門家は実験室の漏れが原因である可能性が高いとは考えていません。

5月、米国のジョー・バイデン大統領は、米国の諜報機関が実験室での事故の可能性を含め、競合する理論を追求していると述べ、起源に関する質問への回答を探すように補佐官に命じました。 中国は一貫して実験室リーク理論を拒否してきました。

武漢ウイルス研究所のバイオセーフティ研究所の所長であるユアン・ジミン氏は、以前、発生前に新しいコロナウイルスを保管または研究していなかったと述べた。

「…武漢ウイルス研究所が新しいコロナウイルスを設計、製造、または漏らしたことがないことを確認したい」と彼は述べた。

機関による追加の報告

READ  デルタシフトへの懸念がロンドンとヨーロッパで株価を大幅に下落させる| 株式市場