Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

WSU の卒業生が研究者と協力して、日本のスイカを米国に持ち込む – WSU Insider

マウント バーノン ノースウェスタン リサーチ アンド エクステンション センターの実験的な畑は、今年の夏、日本のスイカで飾られ、いつの日か米国西部の食料品店の商品を埋め尽くす可能性があります。

日本固有の品種である8品種の肥後青瓜が、ワシントン州立大学の施設で、市場に出回っている標準的な品種のメロンと比較して、北西部での栽培能力と甘さと食感が評価されました。 今年のスイカの試験は、8 種類のスイカをサイズ、食感、色、味の点で比較した昨年の夏の実験に続くものです。

昨年の夏、先駆的なヒゴグリーンスイカが目利きの目に飛び込んできた後、マツイ種子株式会社. 株式会社米国北西部で新しい品種が成熟するまでにかかる時間を理解してください。 また、西海岸沿いの食料品店で一般的に見られる他のスイカと比べてどうですか.

松井シードは、これらの試験のパートナーとして WSU に出くわすことはありませんでした。 その社長である松井邦彦氏は WSU の卒業生であり、彼の大学と協力して新しい品種を米国に紹介することに熱心に取り組んできました。

「ワシントン州立大学で過ごした時間と、ワシントン州と米国での経験に本当に感謝しています」と松井は言いました。 「これらの経験がなければ、私は今日ここにいなかったでしょう。」

銀行家からスイカ生産者へ

松井さんは、奈良県で 9 代にわたって農業を営んできた家系に生まれました。 彼の祖父である松井喜一は、第二次世界大戦後の祖国の復興を支援したいという情熱に突き動かされて、1952 年に松井種苗会社を設立しました。

松井さんは成長するにつれて、家族が育てたさまざまな種類のスイカをレビューするようにしばしば求められ、その経験は現在、社長として実を結んでいる. 今、松井さんの子供たちは彼の会社の最新のスイカのレビューを投稿しています.

パルースに来る前、松井は日本の中大学を卒業し、ビジネスの学位を取得しました。 しかし、大手銀行で 4 年間働いた後、彼は自分の人生で何か違うことをしたいと思っていました。

「私が銀行にいたとき、私のクライアントの何人かは、父が作ったスイカとスイカを配布する生鮮食品の配達会社でした」と松井は言いました. 「これが父の製品であり、私たちの家業がスイカの新品種の種を生産していることに気付きました。父が種を流通業者に販売することでこれらの新品種を引き継いだのと同じように、父の考えと哲学が私に伝わり、私はそのような素晴らしいビジネスが何であるかを完全に理解してください。」

松井さんは、学部生時代に国際プログラムに参加した後、最初にワシントンに行き、スノホミッシュ郡のホストファミリーと1か月間滞在しました。 天候や出会った人々、WSU の農業学校としての評判に感銘を受けた松井は、仕事を辞めて渡米しました。

2002 年の秋、松井は WSU の Intensive American Language Center に参加しました。 彼は作物科学を学ぶことを選択し、2005 年に学士号を取得して卒業しました。作物および土壌科学の名誉教授であるスティーブ・ウルリッヒは、松井の研究と卒業後の前進に尽力しました。

「米国を離れる直前に、基礎的な教育の知識はあっても父から学ぶべきことがたくさんあるので、父から学ぶべきだと彼は私に言いました」と松井は言いました。

ワシントンへの帰り道

日本に帰国すると、松井は種子会社の一員として父親と緊密に協力し始めました。 次の数年間は、さまざまなスイカ品種の複雑で長い生殖プロセスについての洞察を得るために費やされました. 日本では、年に2回スイカを栽培しています。 当初、松井氏は、より良いメロンの育種についての彼の知識は不完全であり、スイカを植えて収穫し、それを切って試食するだけであると述べました.

最終的に、松井さんの父親は松井さんを製品開発の専門家に紹介し、その専門家はより良いスイカを育てるための重要な材料の手がかりを与えてくれました。 遺伝的要因と環境要因のバランスを理解すると、彼の目は可能性に開かれました。

米国にいる間、松井はパルースを通じて地元のファーマーズマーケットをよく訪れました。 大きな食料品店では通常手に入らないさまざまな種類の作物を栽培することに対する地元の農家の愛情は、農家が新しいことに挑戦する狡猾さを示していました。 さらに、松井氏は、アメリカの消費者は新しいものを手に入れることができれば、それを試すことに非常に熱心であると信じるようになりました.

これらの要因により、松井は日本のスイカ品種を米国に持ち込む道を追求するようになりました. どの種類のスイカが最もよく育つかを確認するためのパートナーを見つけることになると、彼は自分の大学に目を向けました。

「ワシントンは北日本の気候に非常に近く、同様の気候です」と松井氏は語った。 「温暖な場所があり、それゆえ成長するのに適していることは知っていますが、ワシントンのような場所にはつながりがなく、WSU とのつながりを利用したかったのです。」

ワシントン州立大学マウント バーノン ノースウェスタン ワシントン リサーチ アンド エクステンション センター (WSU NWREC) のディレクターであるキャロル マイルズは、マウントバーノン サイトでスイカの試験を実施することによってもたらされる課題について松井に語ったことを思い出します。

「ここの土壌はワシントン州東部よりも少し重く、春の雨が植え付けを遅らせる可能性があり、土壌と気温が低いため、スイカが成熟するまでに時間がかかります」とマイルズは言いました.

これらの課題にもかかわらず、松井は前進したいと考え、マイルズに大学への親近感を感じさせました。

Srijana Shrestha は博士号を取得しています。 WSU NWREC で Miles と共に卒業したリサーチ アシスタントは、松井スイカに関する実験を主導しています。 約 10 分の 1 エーカーで、夏の間はメロンの試験栽培が行われ、昨年は松井から提供された種子が最初に導入されました。

松井メロンは一般的なアテナメロンよりも20%ほど長く成熟するのに時間がかかりましたが、収穫された果実は、タフさと甘さでテイストテスターに​​よって最高の評価を受けました. 結果の信頼性を高め、米国西部でどのスイカ品種が最も優れているかをさらに調査するために、シュレスタは今年もヒゴグリーンスイカの 8 品種で試験を繰り返し、市場での新記録品種であるインフィニット ゴールドと比較してテストしています。

「マツイは米国で最高の品種をテストしたいと考えています。なぜなら、植物は日本では非常に異なった性能を発揮するからです。そのため、日本でどのように栽培され、アメリカの消費者にとって標準的な品種とどのように比較されるかを理解することが重要です。」

松井氏は、米国人が日本独自のメロン品種を一度味わったら、また戻ってくると確信しています。

「私たちの品種は米国では商業的に人気がありませんが、味は米国で受け入れられると信じています」と松井氏は語った。

READ  青島での主要なサミットで、グローバルな多国籍企業は中国市場への信頼を表明しました