Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

WW ゲームズ エキスポが閉幕

WW ゲームズ エキスポが閉幕

第 22 回 IIHF 女子世界選手権に向けて 10 チームがオンタリオ州ブランプトンに向かう中、ほとんどのチームは 1 つか 2 つのゲームをプレイして、実際のゲームを開始する準備をしています。 アメリカ人は、エキシビション ゲームをまったくプレイしないことを決定し、代わりに大規模なトレーニング キャンプを開催することを選択し、先週の土曜日に名簿を発表しただけで、チーム内でスクリメージを行いました。 チームの半数が 2 つのゲームを行い、開始日を使用してカナダ サイズの氷の表面に慣れました。 それが何かを意味するかどうかはまだわかりませんが、7つの友好的な近接攻撃はすべて低スコアでした.

水曜日のトーナメントの最初の試合に至るまでの数日間に何が起こったのか.

3 月 29 日/フランス 3/4 – トロント大学 2/3、Varsity Arena、トロント
T 大学の由緒ある本拠地であるバーシティ アリーナは、1926 年にオープンし、多くの思い出に残る大学の試合や WHA の初期の試合を開催してきました。 この夜、新しく昇格したフランス人女性は U of T アグリゲートでプレーし、レギュレーションで 3-2 で勝利しました。 トレーニングのために、彼らは延長戦を行い、各チームが1回得点しました。 北東部でアリーナ ミュラーと一緒にプレーしたチームのスター、クロエ オラードは、フランス代表として 2 得点を挙げました。

3月31日 / 日本4 – ハンガリー3 (PSS)、Canlan Sports、ノースヨーク
日本はPK戦でハンガリーに4-3で勝利した。 チームはこれまで WW 大会で 1 回しか対戦したことがなく (日本は 2021 年に 4 対 1 で勝利)、この親善試合はホーム アンド アウェイの試合で両チームにとって良いテストになりました。 三浦麻衣選手の早々の得点で日本はリードを奪ったが、ハンガリーが2得点を挙げ、細山田茜選手が反撃してハーフタイムに2-2とした。 第 2 ピリオドでのファニー ガスパリクスのゴールが勝者のように見えたが、残り 1:43 で、日本人は 3-3 で引き分けた。 延長戦は何も決まらず、佐藤浩漢がシュートアウトの唯一のゴールを決めた。

3 月 31 日 / スイス 2 – ドイツ 0、サドロン アリーナ、バーリ
この試合は、両チームのバーリでの数日間のトレーニングの集大成でした。 ラウラ ツィンマーマンは、静かなスイスの勝利で両方のゴールをアシストしました。 彼らは、若いにもかかわらず第三次世界大戦でプレーする18歳のアリナ・マルティからの最初のゴールの早い段階で1つのゴールと、センヤ・レーマンからの3番目のゴールを獲得しました。 2018年のオリンピック後にフローレンス・シリングが引退して以来、チームのトップゴールキーパーだったアンドレア・ブランドリーは、16本のショットを止めて完封しました.

4 月 1 日 / カナダ 3 – フィンランド 1、ゲール センター、ナイアガラ フォールズ
チームは、42ショットしか見られなかった精彩を欠いたゲームで、パワープレーで合計0対8になりました。 4人のゴールキーパーは、両方のコーチが水曜日の開幕戦に先立ってバスケットボール選手に準備をさせたいと考えていたため、興奮していました. Brianne Jenner は、ゲームの中間点の直後に得点を開始しました。 他の唯一の得点は、3分で6分以内に来ました。 エミリー・クラークが 2-0 でリードした後、エミリア・ベサがリードを半分に減らしましたが、カナダのキャプテン、メアリー・フィリップ・プーレンが 2 ゴール差でリードを取り戻しました。 こうして試合終了。 キャプテンのジェニー・ヘレコスキはチームに所属しており、2 週間前にスウェーデンのリーグ戦で首にひどい切り傷を負った後、彼女に会えて心強かった. 彼女は、15回目の女子ワールドシリーズ出場を果たし、ブランプトンの記録を伸ばしました。

4 月 2 日 / スウェーデン 1 – スイス 0、オーロラ コミュニティ センター、オーロラ
エマ・ソダーバーグは18発すべてのシュートを止め、唯一のエキシビションマッチでスウェーデンを1-0で勝利に導いた。 この敗戦は、スイスがノックアウトでドイツを破った翌日に起こりました。 ゲームの唯一のゴールは、7回の強力なアシストを特徴とするタイトなゲームで、第2ピリオドの10:36にヒルデ・スベンソンからのものでした。 ソダーバーグは、2022 年にオリンピックと女子の世界で合計 10 試合を開始し、ブランプトンのトップ入札者としての役割を継続することを主張しています。

4月2日 / 日本 2 – フランス 1、ポート クレジット メモリアル アリーナ、ミシソーガ
日本はフランスを僅差で破り、好プレーを続けた。 2022 年の WW で短時間しかプレーしなかったゴールキーパーの川口理子は、60 分間フル出場し、32 発中 31 発を止めて勝利を収めました。 伊藤誠は攻撃的なヒーローで、レギュレーションが残りわずか2:33で勝利のタッチダウンを記録しました。 日本は最初の40分で唯一のゴールを決めたが、クララ・ロジエが試合の途中で3番目まで同点に追いついた。 日本は、2012年にバーティカル方式が導入されて以来、初めてグループAでプレーするため、トーナメントで強いプレーを続ける必要があります。現在の成果は、第5試合でフィンランドに1-0で勝利したおかげです。昨年、デンマークのヘルニングで

4 月 2 日 / ドイツ 1 – ハンガリー 0、カンラン スポーツ、ノース ヨーク
その日の早い段階でのスウェーデン対スイスの試合を反映した試合では、後半のゴールだけが空白のスコアシートに影響を与えました。 直近の 2 つの女子世界選手権でプレーした 30 歳のソーニャ ヴァイデンフェルダーは、試合の途中でその唯一のゴールを決めました。 Sandra Upstreeter は 28 本のシュートすべてを止めて勝利を収めましたが、Aneko Nemeth は 1 本のシュートでハンガリーのゴールに完全に入ることができず、20 本のシュートのうち 19 本をブロックしました。

READ  2022年ワールドカップの試合後にスタジアムを掃除する日本のサポーター