Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

X-Elioが日本の最新の高品質オークションで15MWの契約を獲得

X-Elio は 2012 年から日本で操業しており、これまでに 380MW の再生可能プロジェクトを開発してきました。 写真:X-エリオ。

スペインのデベロッパー X-Elio は、日本初のプレミアム フィードイン (FiP) オークションで 15 メガワットの太陽光発電 (PV) 容量を獲得しました。

このプロジェクトは山口県にあり、2024年末までに稼働する予定で、期間は20年です。

日本の経済産業省は、入札した 13 件のプロジェクトを通じて初の総合発電所 (FiP) を立ち上げ、5 件の入札者から合計 128.94 MW を落札しました。

これは 12 を表します。10番目 日本でのオークションで 2022 年初の FiP は、出力が 1 メガワット以上で、最大入札価格が 10 円/kWh ($0.07/kWh) のプロジェクトを対象としています。

X-Elio の最低入札価格は 9.85/kWh で、最高入札者からわずか 5 セント引きでした。

「X-Elio は、再生可能エネルギーを国内のエネルギー ミックスの主要なエネルギー源にするという日本の野望を支援することを約束しており、この重要な新しい市場メカニズムを通じてこのような評価を受けることができてうれしく思います。 -エリオ。

X-Elio は 2012 年から日本に進出し、これまでに 380MW の再生可能プロジェクトを開発してきました。

READ  TechRoutがNasdaqを2008年以来最悪の月に引き上げる