Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Xiaomiが日本で新しいRedmiNote10Tを発表

XiaomiにはRedmiNote11という名前の13台の電話があり、それについて何かする必要があります。 しかし、先月日本でメーカーが何をしたのかはわかりません。 同社は、前シリーズの10番目のメンバーである5G機能を備えたXiaomi RedmiNote10Tを日本市場に導入しました。

はい、これは、21年夏に発売された既知のRedmi Note10T5Gとはまったく異なる電話です。

この新しい受話器には、Snapdragon480チップセットとデュアルカメラシステムが付属しています。

電話機の前面には、解像度1080pの6.5インチLCDと、8MPセルフィーカメラ用のパンチ穴があります。 90 Hzのリフレッシュレートをサポートし、4,096の明るさを提供します。

背面のメインカメラシステムには50MPのメインシューターがあり、2MPのセカンダリカムはポートレートショットをサポートしています。 デュアルカラーデュアルLEDフラッシュがあります。

Xiaomiが日本で新しいRedmiNote10Tを発表

チップセットには4GBのRAMと64GBのストレージがあり、バッテリーは5,000mAh18Wの高速充電です。 XiaomiはmicroSDスロットを備えた電話を提供し、eSIMもサポートしています。これは、メーカーの安価なデバイスにとって非常に珍しい市場志向の機能です。

その他の優れた機能には、3.5mmオーディオジャック、ローカル銀行向けのNFCサポート、MIUI 13などがありますが、Android11には当てはまりません。


日本のXiaomiRedmiNote 10T 5G
日本のXiaomiRedmiNote 10T 5G
日本のXiaomiRedmiNote 10T 5G

日本のXiaomiRedmiNote 10T 5G

Xiaomiは、Redmi Note 10Tの日本語版をグレー、ダークブルー、アクアブルーで販売しています。 価格は34,800円(270ドル/ 255ユーロ)ですが、アジアの国の消費者はソフトバンクから取引を通じて価格の何分の1かを得ることができます。

証拠 (日本語で)

READ  オブライエンは日本の法律の下でサラトガで彼の外国のキャンペーンを続けています