Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

なぜ日本の航空会社には最高級のビジネスクラスの座席があるのでしょうか?

なぜ日本の航空会社には最高級のビジネスクラスの座席があるのでしょうか?

私はトラベルライターです。 私は経営学位の学費を直接支払えるほどの収入がありません。 しかし、執拗に求められる特典航空券の旅行やクレジットカードのサインアップ(サインアップボーナス)を通じて、十分なマイルを貯めています。 私は、シンガポール航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空、カンタス航空など、多くの大手国際航空会社のビジネスクラスを利用したことがあります。 国内では、良くも悪くも、私は United Polaris 製品に忠実です (最近では、悪くてもそうなっているようです)。 私は複雑な気持ちを抱えながらこれらすべての旅行を終えました。

最近、全日空(ANA)でサイゴン-羽田-ニューヨーク間を飛ぶことができて光栄でした。 HND —> JFK 局はその部屋にあり、その特定の製品を展示した時間と日付に対応する航空機と座席のレイアウトを検討した後、意図的に確保しました。 私はいくつかのファーストクラスやビジネスクラスの航空愛好家の掲示板でザ・ルームについて読んでいたので、空席が何週間もあった後、座席を確保しました。

20年間の飛行生活の中で、私は衝撃を受けました。 これがまさにその理由だ。

私はビジネスクラスです 片道 HND —> JFK が部屋にいる

フライトと飛行機のシンボル: ANA110/NH110 ボーイング777-300ER

部屋の歴史

2019年7月、ANAは著名な建築家隈研吾氏が設計した新しいファーストクラスとビジネスクラスのスイートを発売した。 東京オリンピックの国立競技場での仕事で知られる隈氏は、ANA スイートに競合製品よりも目立ついくつかの要素を組み込んでいます。 まず、この部屋の特徴は、日本の森林を想起させる木製パネルの導入による優雅さと精密さの組み合わせであり、同時に日本の伝統的な生活空間からインスピレーションを得た2組の閉じたパネルによってプライバシーの感覚を作り出しています。

まとめ

ポジティブ: 素晴らしいサービス、親切で知識が豊富。 完全なプライバシー。 横になって腕を伸ばすのに十分なスペース。 複数の枕と快適な毛布。 大きなスクリーンと豊富な映画。 素晴らしいワイン、日本酒、スピリッツ、厳選されたお茶、素晴らしい創作料理をご用意しております。

短所:薄いカバーでも硬いシート。 ベッドの長さは、膝を高くして横向きに寝る背の高い乗客にとっては少し短めです。

判定: 特徴。 できることなら、私は一生ANA The Roomに乗りたいです。

詳細

飛行機:ボーイング777-300ER型機

座席: 7A、後ろ向きの窓側席。

設定: 1-2-1 千鳥配置で、座席が前後交互に配置されます。

ベッドの長さ: 71インチ。 私は身長 5'2″ ですが、ぴったりだと思いました。背の高い旅行者は脇を向く必要があります。

シート幅: シートの幅は最大で 38 インチあり、多くの一流製品も顔負けです。 足の位置に向かってスペースが狭くなります。 足の高さと幅は13インチです。

容量: 船内には「キャビン」が 3 つあり、合計 64 席あります。 1 等セクションのすぐ後ろに小さな 2 列のキャビンがあります。 次に、ドア 2 と 3 の間の 10 列からなる大きなキャビンです。 最後に、翼の真後ろに 4 列のキャビンがあります。

チェックインと搭乗

ユナイテッドポータルで航空券を予約しましたが、ANA アプリとウェブサイトでチェックインしようとしたにもかかわらず、携帯電話またはラップトップでチェックインできませんでした。 サイゴンから旅行が始まったので、空港にチェックインに行きました。 行列がなかったので、迅速かつ丁寧に対応していただきました。

羽田に到着後、JFK行きのザ・ルーム便までの4時間半の乗り継ぎのためにラウンジに行きました。 成田の ANA ラウンジの写真を見た後、羽田のラウンジもそれほど印象的ではないのではないかと思いました。 ラウンジには専用バスルーム、日本のウィスキーや日本酒を含む豊富な食事、そしておいしいラーメンを注文したヌードルステーションがあります。 ラウンジにはスリーピングポッドやラウンジチェアがないので、椅子2脚で仮眠してみました。

数時間の待ち時間を経て、いよいよ飛行機に搭乗する時が来ました。 米国の航空会社と異なり、ANA は搭乗手続きが驚くほど早いです。 乗車時間が理解できず、乗り遅れてしまうのではないかと心配して、チケットを6回読みました。 米国の航空会社は出発の 50 ~ 60 分前に搭乗しますが、アフガニスタン航空での飛行を含めたアジア横断の私の経験は、わずか 25 ~ 30 分でした。

搭乗すると、グラスシャンパン(本物のシャンパン)と水が提供されました。 スタッフは信じられないほどフレンドリーで、礼儀正しく、親切でした。 私はアメリカの航空会社のルーティンに慣れているのかもしれませんが、フライト全体を通じて一貫したサービスだけでも驚かされました。

キャビンとシート

前述したように、座席は 1-2-1 千鳥配置で構成されており、座席が 3 つの独立したポッドに前後に交互に配置されています。 ANA のシートは多くのヨーロッパの航空会社のファーストクラス製品のように感じられ、私が話した他の人によると、カタール航空の Qsuites よりも完全に優れています。 私はカタールに旅行したことがないのでコメントできません。

座席自体は広々としており、理論的には他の人、特に幼児や幼児が十分に座ることができる座席のように設計されています。 この寛大なデザインは、寝るときにこの部屋で最高の機能であることがわかります。多くの狭い作業台のように腕を頭の下や脇に置く代わりに、横向きに寝て腕をまっすぐに伸ばすことができるからです。

その他のメモ: 足元の収納エリアから隣の席のスペース、テーブルの上のスペース、さらには小物を入れるのに十分な深さの小さな収納キャビネットの内側まで、ギアを収納するためのスペースがたくさんあることがわかりました。メガネや携帯電話のように。

シートに関する私の唯一の小さな不満は、少し硬かったことです。 しかし、部屋にはカバーがあり、枕が 2 つ、毛布が 1 枚ありました。そのため、快適な寝具に身を沈めて横になる頃には、私は完全に快適でとても幸せな気分になりました。 あまりに嬉しくて、実は「ビジネスクラス」という概念も考えたほどでした。 やるべき仕事があるのに、飲み物や食べ物でリラックスしたり、映画を見たり、睡眠の機会を利用したりすること以外に何もするのはまったく恥ずかしいことのように思えました。 私はノートパソコンを隣の座席に置き、決して開きません。

船内のエンターテイメントとアメニティ

マイルームに入って最初に気づいたのは、画面の大きさと鮮明さです。 これはおそらく私がこれまで見た中で最高品質の機内インフォテインメント システムで、24 インチの 4K 画面は非常に鮮明で、自宅のテレビがどれだけ古いかを思い出させてくれました。 オンスクリーンタッチスクリーンは高速かつ応答性が高く、格納式タッチスクリーンリモコンは食事のサービス中やリクライニング時に便利です。 各座席にはソニー製ノイズキャンセリングヘッドフォンが備え付けられています。

瞑想的なものでもジャズ的なものでも、気分に合わせて映画、テレビ番組、テレビの生放送、サウンドトラックが満載で、見ようと思えば、見たり聞いたりできるものがたくさんありました。 夕食を終え、グラスワインを手にドアを閉め、劇場の席にどっと座り込み、タイのインフルエンサーについてのくだらない映画を見ていると、すぐに小さな映画館にいるような気分になりました。

かわいいバッグのようなデザインのアメニティセット。 堅くて箱型の形状のため、将来の旅行で再利用するのはまったく実用的ではありませんが、とにかく将来の旅行のインスピレーションを与えるために姪への贈り物として受け取りました。 中にはクレンジングフォーム、液体の洗顔料、クリーム、スリーピングマスク、耳栓が入っていました。 なぜ歯科用キットがないのかと疑問に思ったが、航空会社が歯科用キットをトイレに保管していたことを発見した。 航空会社が、使用済みか未使用かに関係なく、後で廃棄するセットに入れるのではなく、乗客に必要に応じて持ち運べるように決定したことに感謝します。 薄っぺらですが、トイレ休憩のときや、廊下を歩いて足を伸ばすときに使うのに、ふわふわのグレーのスリッパがありがたかったです。 パジャマなどのアメニティについては読んでいましたが、私のフライトには何もありませんでした。

配送オプション

座席には HDMI ポート、ユニバーサル電源コンセント、テーブルに急速充電 USB ポートが装備されているほか、窓際の肘掛けにも USB ポートが装備されています。 フライト中のWi-Fiアクセス料金として21ドルを支払った後、半分の時間はテキストメッセージや電子メールを送信しながら、ほとんど座席ポートを使用して携帯電話を充電しました。

食べ物、飲み物、サービス

ワインとフードのライターである私にとって、飲料カテゴリーは ANA が優れている分野の 1 つでした。 部屋には数種類のワイン、スピリッツ、日本酒がリストされたしっかりとしたドリンクカードがあり、それぞれの産地、ブランド、味の詳細が説明されています。 シャブリを選んだのは、私が選んだ日本の巻き物との相性が良いと思ったからです。 また、サービスの最初にシャンパンを、食事の最後に3種類の中から1つを選んだ小さなグラスの日本酒を楽しみました。

食事は和食と洋食の2種類から選べました。 夕食、朝食とも和食にしたのは、洋食よりも料理の扱いが上手だと思ったのと、クルーズ中に会席料理を食べるという貴重な機会を利用したかったからです。 食事が食べられないことが多い米国の航空会社から来た私は、ANA の食事の品質、配慮、盛り付けに感銘を受けました。

ディナーには、ムール貝のマリネ、チーズ、オリーブのスターターが含まれます。 飛行機の中で牡蠣はあまり好きではないので、かなり食べてしまいました。 メインコースに進むと、鯛の寿司、レンコンの鶏肉詰め炒め、グリーンピース豆腐などのぜんざいがトレイに盛り付けられました。 コバチ(「おいしいおつまみ」)は、卵黄酢、冷やした魚、タケノコの醤油漬けを添えたサーモンサラダでした。 メインコースは牛肉と山菜の煮込みとサワラの西京味噌焼きでした。 夕食は量が多くてほとんど食べられなかったのですが、デザートにチーズケーキを食べました。

それに比べて、日本への旅行では、マイルを使ってユナイテッド ポラリスに乗りました。 予約注文したスパイシーカレーチキンヌードルは、完全に退廃的でねっとりした麺の山だったので、食べることができませんでした。 スタッフは一度はこのことを当惑し、この料理がビジネスクラスで、あるいは誰に対しても提供できないものであるという意見を会社に共有すると述べて謝罪した。 彼らは急いで別の食事を探し、食べられなかったパスタ料理を思いつきました。 そうでなければ、機内には軽食以外に朝食さえも食べ物がなかったので、断食していたことになるでしょう。

逆に、フライト中、眠れなかったときは、軽めのメニューを注文しました。 スパイシーチキンサンドイッチ、ベジタリアンカツの入った「ヘルシー」丼、日本のおにぎりセット、数種のスープ、ベジタリアンスープ入りの一風麺などを提供しました。 ラーメンのせいでユナイテッド航空で食べた食事が台無しになってしまいました。 (おい、ユナイテッド、一風麺を買ってくれ。そうすれば、二度と一緒に食事をするなんて頼まないよ。)

ラーメンを食べたばかりで特にお腹は空いていなかったものの、内容を確認するためにとにかく朝食を受け取りました。 和食メニューには、野菜炒めと赤メバルの醤油炒め、ご飯が含まれていました。 選んだだけなのに、ラーメンが口と脳に残るので、とても美味しかったです。

最後に、このレビューのサービス コンポーネントに戻ります。 最初から最後まで、ANA スタッフのフレンドリーさと親切な態度は傑出したものでした。 世界には、安全性だけでなく世界クラスのホスピタリティの訓練を受けた客室乗務員がいることが判明しました。 私の船室にいた女性たちは皆私の名前を知っていて、ワインや日本酒の種類、料理の違いを知っていて、わざわざ水を一杯持ってきてくれませんでした。 彼らは料理を残さず、ゲストのニーズを予測して慎重にゲストの様子を常にチェックしていました。

航空会社が運航していない便もありましたが、この部屋からは ANA への忠誠心を感じました。 地理的拠点の関係で定期的に飛行機に乗ることができませんが、機会があれば ANA のザ ルームが私の第一選択となることはわかっています。

READ  韓国の石油価格と通貨の決定