Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アラスカ新聞社、日本に新造船契約を求める

アラスカ新聞社、日本に新造船契約を求める




















発行者:オリバー・クラインシュミット、編集アシスタント


乾量バルク、






ギリシャの船主アラシア・ニューシップス・マネジメントと日本の商社伊藤忠商事は、日本の中西造船所での新造船契約で提携した。

中国の江蘇省にある揚州中西造船所は4万重量トンの建造に着手し、2026年に引き渡しが予定されている。

2024年初め、伊藤忠商事は中国の建造会社新大洋からウルトラマックスバルカー2隻を購入する動きを見せ、台湾の船主ユーミン海運と提携してアンモニア二元燃料ばら積み貨物船を共同保有・運航した。

アラシア・ニューシップスには8つの資産が上場されており、そのほとんどが日本で建設され、そのうち3つが建設中で、2024年末から2025年にかけて日本の大島から引き渡しが予定されている。 同社のウェブサイトによると、日本の三井物産が設計した4番目の新しい建物の価格はまだ発表されていない。

ドライバルクの登録はこちら

オンラインで記事を読む: https://www.drybulkmagazine.com/shipping/25062024/alassia-newsships-looks-to-japan-for-newbuilding-contract/


あなたも気に入るかもしれません











商船三井は、Gearbulk Holding AGの持分法適用子会社を合併すると発表した。








READ  「非人道的」な馬を日本に直接食料として輸出するのに苦労している| 動物福祉