Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アラブ石油は、12月に日本の輸入の93.2%を供給しました

このデータは、2022 年 12 月までに日本が経済のエネルギー需要の約 30% を生成するために、アラブの原油に大きく依存していることを示しています。

アラブ石油は、その月に日本が輸入した 9187 万バレルの石油の 93.2% を供給し、そのうち 93.2% または 8562 万バレルは、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、クウェートの 6 つのアラブ諸国からのものでした。 日本の経済産業省資源エネルギー庁のデータによると、カタール、バーレーン、オマーン。

サウジアラビアは輸入だけで最大のシェアを占め、3,764 万バレル、全体の 41% を占めました。 アラブ首長国連邦は 36.4% または 3,347 万バレルを貢献しました。 クウェートは 8.8% (727 万バレル) を供給し、カタールは 5% (389 万バレル) を供給しました。 日本はバーレーンから 2.1%、約 200 万バレル、オマーンから 0.5%、つまり 479,000 バレルを輸入した。

特に、サウジアラビアとアラブ首長国連邦からの原油輸入は、2022 年 12 月の国の総石油輸入の 77.4% を占めており、どちらの国も日本のエネルギー安全保障を維持するために重要です。

データは、米国から 4% の大幅な増加を示しました。 中南米が 1.4%、東南アジアが 1.2%、ブルネイが 0.3%、オセアニアが 0.1% を占めています。

日本企業が米国の政策に従ったため、ロシアとイランの石油に対する制裁が続いた。

引用されている数値は、2022 年 12 月に日本の港の製油所、タンク、倉庫に到着した石油の量を表しています。 日本はエネルギー需要の約 3 分の 1 を石油で賄っている。
出典:アラビックニュースジャパン

READ  マンション・グローバル・デイリー:新型コロナウイルスによるロックダウン後、裕福な中国人バイヤーが日本に殺到