Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

アラブ首長国連邦大学と日本の秋田大学は、セラミック膜で生成された水を処理するための新しい技術を開発しています

アルアイン:2018年に始まった、アラブエミレーツ大学、アラブエミレーツ大学、秋田大学の戦略的パートナーシップ、研究協力、学生交流の枠組みの中で、ユナイテッドアラブエミレーツ大学理学部地球科学科-そして日本の秋田大学は、セラミック膜に基づく新しい水処理技術と、不純物を除去するために水と油を分離する高度な技術装置の使用から「セラミック膜ベースの製品水処理技術(CMPWT)」として知られる固体粒子。 理学部地球科学科のハキム・サイビ教授、研究者・専門家:中村荒田氏、川村和幸氏、池田木次氏の出席のもと、日本の石油・ガス・水系企業部門の代表者であるINPEXとJOGMECキャンパス内の共同研究室にいる数人の研究者と学生。

理学部地球科学科のハキム・ソアイビ教授は、次のように説明しています。「セラミック膜生成水処理技術(CMPWT)は、油性水から油や粒子を除去するための新しい技術であり、学生や研究者に提示されます。品質と農業および産業目的での使用。

中村荒田氏は、現在、アラブエミレーツ大学と日本の秋田大学の合同チームによって開発されているこの最先端の技術は、ユニークな技術であり、国の石油、ガス、エネルギー部門。 彼は、企業が経済的に実現可能であり、環境を保護し、持続可能性を達成し、環境と農業を保護する用途で重水の効果的な使用のために石油とガス部門に役立つようにそれを開発するために取り組んでいると強調した。

-私は終える-

©プレスリリース2021

READ  HPP機器の市場規模、傾向、および2029年までの予測