Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

インフレが急上昇する中、日本の労働者は数十年で最大の賃金上昇を遂げている

インフレが急上昇する中、日本の労働者は数十年で最大の賃金上昇を遂げている

[東京 23日 ロイター] – 日本のトップ企業は、水曜日に終了した年次労使協議で、四半世紀で最大の賃上げに合意し、生活水準の向上を相殺するために賃上げを求める岸田文雄首相の要求に応えた。 コスト。

労働者の賃金は、世界第 3 位の経済大国の何年にもわたる低成長の犠牲者でした。 日本の給与は 1990 年代後半から実質的に変化しておらず、現在では経済協力開発機構 (OECD) の富裕国のグループの平均を大きく下回っています。

岸田氏は、円安と商品価格の上昇が輸入コストを押し上げ、インフレを40年ぶりの最高水準に押し上げているため、賃金の改善を求める声を強めている。

経済団体経団連によると、この春の「春闘」賃金交渉における平均賃金上昇は、30年近くで最大だった。 これにより、1997 年の 2.9% 以来最大となる 3% 近くの増加というアナリストの予想とほぼ一致する増加となりました。

最新のアップデート

さらに 2 件のストーリーを表示

「この春は成長と富の分配のターニングポイントとなる」と岸田氏は、企業のロビー団体や組合の代表者との会合で述べ、全国的な最低賃金の引き上げを目指していると付け加えた.

トヨタ自動車 (7203.T) や日立製作所 (6501.T) など、日本を代表する大企業の多くが、組合による増員に同意したと述べた。

日立の田中健一副社長は記者会見で、「値上げのため、従業員の期待は例年よりも高かった。

リンゴの労働組合は5%の賃上げを要求した.

自動車メーカー団体の会長である金子明宏氏は、今年の協議は、すべての日本の自動車メーカーが組合の要求を完全に受け入れたのは初めてのことであると語った。

「私はとても嫉妬しています」

しかし、日本の労働力の約 70% を占める中小企業の労働者にとって、見通しはそれほど楽観的ではありません。 これらの企業は、より高いコストを顧客に転嫁するのに苦労していることがよくあります。

「トヨタのような会社の労働者がとてもうらやましい」と、賃金がわずかに上昇しただけのトラックメーカーで働く加藤武弘氏は語った。 私の雇用主は最近、インフレを助けるために 1 回限りの手当を支払いましたが、それだけです。

「いつまた同じような支払いを受けるかわからないので、そのようなお金をあてにすることはできません」と加藤氏は語った。

賃金上昇の傾向が持続可能かどうか、ましてやより強い経済成長と日銀が長い間求めてきた 2% のインフレ率の「好循環」が生み出されるかどうかは不明です。

日本銀行は、安定した管理可能なインフレにとって賃金の伸びが重要であることを強調しました。 最近の価格上昇は、国内需要の改善ではなく、輸入コストの上昇などの不安定な外部要因によるものであると主張しています。

昨年は、主要中央銀行の中で金利を超低水準に維持する道を切り開いた。 日本経済は、2022 年の最後の数か月間、消費が低調に推移したため、景気後退をかろうじて回避しました。

一時的な反応

日本銀行の元取締役で、現在は野村総合研究所のエグゼクティブエコノミストである清地貴英氏は、「企業の姿勢を変えるというよりは、予想外の歴史的な高値に対する一時的な反応だ」と述べた。

「物価がどうなろうと、来年以降も賃金上昇が続く可能性は低い」と述べた。

日本経済研究センターの調査によると、大企業は約2.85%の賃上げが期待されていました。 会話は基本給と賞与の両方に及びます。

水曜日、日立は、昨年の 2.6% の増加と比較して、平均 3.9% の総賃金の増加を発表しました。

日本電子情報連合会の神保正史会長は「今回の賃上げは一度きりでいいはずがない。

政府は水曜日、8年ぶりに労働者と経営陣との三者合同会議を開催し、岸田氏は一時的なものではなく、定期的な賃上げの環境を作ろうとしている.

PACE-SETTERに従ってください

毎年 3 月には、トヨタ自動車などの賃金ペース設定者に続いて、300 以上の大手企業が組合と交渉します。

日本の組合は、大幅な賃上げを要求するのではなく、雇用の安定を維持するために経営陣に協力する傾向があるため、近年、2%程度の比較的小さな賃上げを受け入れる傾向があります。

一部のアナリストはまた、今年半ばから予想されるように、インフレが緩和された場合、労働組合が今後数年間で賃金の引き上げを断固として要求することになるのではないかと疑っています。

2014 年 5 月に売上税が 5% から 8% に引き上げられて以来、1 月の実質賃金は最速のペースで低下しました。

OECD のデータによると、日本の賃金は過去 30 年間でわずか 5% しか伸びておらず、同じ期間に加盟国の平均である 35% の伸びを大きく下回っています。

梶本哲史、竹中清による追加報告。 Daniel Lusink、浦中美穂、迫田真世、白木真紀による追加レポート。 Sam Holmes、David Dolan、Kim Coghill による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  中国経済は「失われた20年」に直面しているのか?