Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

カワサキが日本で最新のロボット技術を紹介

東京: 川崎重工業は、東京で開催された産業用ロボットの展示会で、工場の外で人間のように動作するヒューマノイドロボットを開発することで注目を集めました。

これは、高レベルの空間で動作することになっているロボットです。 「川崎重工業は、日本で初めて産業用ロボットを製造したメーカーであり、1968年に米国のユニメーションからライセンスを受けました。それ以来50年以上の歴史があり、その技術力に誇りを持っています。川崎重工業の代表である天沢誠二氏は、「非常に長い歴史」と語った。

「私たちは2030年の集合ビジョンを持っており、遠隔地の安全とセキュリティと将来のモビリティという2つの分野でロボット技術に魅力を感じています。遠隔地の安全とセキュリティの分野では、ひのとりを提供しています」と天沢氏は述べています。 「医療援助または外科用ロボット。」

「開発の過程で、さまざまな医師の意見を聞きながら、医師の要望に応えて走れるロボットを開発しています。これまでに約150回の手術で使用されています。自動化されたスクリーニングシステムがあります。ロボットを使ったコロナパンデミックでのPCRテスト。人間の行動によって持ち込まれたサンプルの自動スクリーニングにより、結果を非常に迅速に受け取ることができます。」

川崎重工業は、工場用ロボットの遠隔制御システムも開発しています。

「遠隔地の作業員がロボットを操作して作業できるというコンセプトのプラットフォームを提供します。これは簡単なデモンストレーションです。ボールを2つの異なる色に分類します」と天沢氏は語った。

「今回は、自宅の居間からロボットを動かして工場でロボットとして働くなど、離れた場所で作業できるデモを行います」と天沢氏。

「世界のロボット産業では、世界市場の90%が日本国外であるため、中国、米国、ヨーロッパなどの海外市場に重点を置いています。この展示会では、FutureLife向けのサービスロボットを提案します。ロボットはまだ工場に設置され、使用されています」と天沢氏は説明しました。

「産業用ロボットメーカーから総合ロボットメーカーへ」というスローガンを掲げています。この展示会では、ロボットメーカーの総合的なコンセプトが、さまざまな配送ロボットや遠隔操作ロボットなどの作業ロボットを打ち破ります。ロボットのシーンはもっと増えると思います。工場を去る」と語った。将来、工場外のさまざまな場所で。

カワサキのロボット技術は、ロボットと人間の共生を目指しています。

READ  米国のチーフ予報官であるネイトシルバーは、ファーガソン教授はコビッドの予報に「非常に自信を持っている」と述べています