Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

コロナウイルスの規制が犠牲になり、日本経済は再び縮小している

コロナウイルスを封じ込めるためのオリンピックとパラリンピックの開催国の戦いが生産に影を落としたため、日本経済は再び縮小し始めています。

国のGDPは2021年の最初の3か月で1.3パーセント減少しました。

これは、年率で5%以上の減少に相当します。

新しい数値は、生産が前の3か月と比較して予想よりも3%大きく拡大した、前四半期の改善を反映しています。

それでも、2020年の年間4%以上の縮小を防ぐには十分ではありませんでしたが、日本は当初、世界のアスリートを最後のメガスポーツイベントに迎えることを期待していました。

ワクチンの展開は痛々しいほど遅いままであるため、COVID関連の制限は日本の多くの地域で標準のままです。

マラソン大会や東京2020大会後半の競馬場が開催される札幌市北部は、最近、北海道、岡山、広島の各県に非常事態宣言が拡大した。

現在の状況を踏まえると、日本人の大多数は東京でのオリンピック開催に反対しており、多くの調査で発見されています。©Getty Images
現在の状況を踏まえると、日本人の大多数は東京でのオリンピック開催に反対しており、多くの調査で発見されています。©Getty Images

東京、大阪、京都、兵庫、愛知、福岡の3地域が合流し、より厳しい対策を講じており、5月31日まで継続する予定です。

緊急措置により、飲食店は午後8時までにドアを閉める必要がありますが、ショップや映画館は一時的に閉鎖されます。

これらの制約は、2021年の第2四半期および通年のGDP数に反映される可能性があります。

報告によると、感染は1日あたり約6,000例に達し、一部の地域では医療システムに圧力がかかっています。

新しい経済指標は、国際オリンピック委員会調整委員会の3日間の会議の前夜に発表されました。この委員会は、パンデミックが深刻な問題を抱えているにもかかわらず、延期された大会のスケジュールが変更されたため、その継続を確保する試みを監督しています。

世論調査では、オリンピックが7月23日から8月8日まで、パラリンピックが8月24日から9月5日まで開催されるという新しいスケジュールに従って、大多数の日本国民がイベントの継続を望んでいないことが繰り返し示されています。

年末までに総選挙が予定されていることから、日本政府は特に困難な状況に置かれているようだ。

READ  ドルは東京で約109.70円まで下落