Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジャガーランドローバーが銃のように見える水素燃料電池を開発-TechCrunch

ジャガーランドローバーは、新しいディフェンダーSUVをベースにした水素燃料電池車を開発しており、来年からプロトタイプのテストを開始する予定です。

プロジェクトゼウスとして知られるプロトタイププログラムは、20236年までに排気ガスゼロの自動車を生産するというJLRのより大きな目標の一部です。また、JLRは、2039年までにサプライチェーン、製品、プロセス全体で炭素排出量ゼロを約束しました。

Zeusプロジェクトは、英国政府が支援するAdvanced PaymentCentreによって部分的に資金提供されています。 自動車メーカーはまた、プロトタイプの開発を支援するために、AVL、Delta Motorsport、Marelli Automotive Systems、および英国のバッテリー製造センターを利用しました。 テストプログラムは、ランドローバーの顧客が期待する性能と能力の基準(けん引やオフロードなど)を満たす水素パワートレインを開発する方法をエンジニアが理解できるように設計されています。

燃料電池は水素と酸素を組み合わせて、燃焼せずに電気を生成します。 水素から発生する電気は、電気モーターに電力を供給するために使用されます。 一部の自動車メーカー、研究者、および政策立案者は、水素を動力源とするFCEVは迅速に燃料を補給でき、エネルギー密度が高く、低温で多くの範囲を失うことがないため、この技術を提唱しています。 このグループとは、長距離を移動できる電気自動車を意味します。

FCEVとして知られる燃料電池電気自動車は、ガソリンスタンドが不足していることもあり、今日市場に出回っているものはほとんどありません。 トヨタミライはその一例です。

国際エネルギー機関からのデータと自動車メーカーへの最近の取り組みは、これが変わる可能性があることを示唆しています。 先月、BMWのオリバー・ツィプセ会長は、自動車メーカーが少数の 水素燃料電池 来年のX5SUV。

2019年の世界のFCEVの数は、前年に比べてほぼ2倍の25,210台になりました。 IEAプレゼンテーションからの最新データ。 2019年は減少したものの、米国が主導的売上高を記録し、中国、日本、韓国がそれに続いた。

日本は、2025年までに20万台のFCEVを道路上に設置することを目指しており、インフラストラクチャーのリーダーです。2019年の時点で、日本は米国のほぼ2倍の113のステーションを設置しています。

「水素は、運輸業界全体の将来のパワートレインミックスで役割を果たすことを私たちは知っています。また、バッテリー式電気自動車とともに、ジャガーランドローバーの世界的な車両の特定の機能と要件に対応する別の排気ガスソリューションを提供します」とラルフクラゲは述べています。 、ジャガーランドローバーの水素および燃料電池の責任者。ジャガーランドローバーの声明。

READ  Google Pixel 6 Proのリークにより、新しい電話のデザインが明らかになりました-誰がGoogle IOを必要としていますか?