Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジャパン・ハウス・ロンドンのリビングアイランド’展

ジャパン・ハウス・ロンドンの「共生:生きている島」

2022年5月21日から9月4日まで ジャパンハウスロンドン 「Symbiosis:Living Island」は、2010年から日本の犬島を変貌させてきた大規模なアートと建築プロジェクト「犬島」アートハウスプロジェクトを探求する展覧会です。 プロジェクトの芸術監督であるハセコワ・ヨーコと サナ 共同 – 創設者 瀬島かすよ次回のイベントは、文化活動(セジマの設置を含む)を通じて人口減少の島を活性化させる、成長を続けるアートプロジェクトです。 ここ)自然、芸術、建築の相互作用で説明されているように、プロジェクトの焦点は島の市民と共存の概念にあります。

「犬島は調和のとれた生態系を取り入れた場所です」 長谷川優子さんが説明します。 「私たちの仕事を通して、私たちは島とそのコミュニティがアートと一緒に暮らすことによってどのように活性化され、豊かになることができるかの例を作りたかったのです。 共生展に来てくださる方々には、犬島家プロジェクトとの交流を通じて、自分たちの生活の中での共存という概念を探求するだけでなく、いつか島に行っていただくことで、同じような豊かさを体験していただきたいと思います。

瀬島カスオは、ロンドンのハウス・オブ・ジャパンで「共生:生きている島」展を開催します。
犬島「アートハウスプロジェクト」、F-Art House、名和晃平:Photota(Animals / Flora)、2013、撮影:ホンマタカシ

犬島「家プロジェクト」

臨時ライフアートプロジェクト 犬島「家プロジェクト」 過去12年間、犬島は島民の風景と生活の両方を変えてきました。 計画の一部です ベネスアートサイト直島 ベネシーホールディングス株式会社 ここ)名和晃平、光人遥、淺井裕介、オラファー・エリアソンなどのアーティストと緊密に連携している犬島には、現在5つのパビリオンがあり、時間の経過とともに野外展示が行われています。

「共生:生きている島」の聴衆 ジャパンハウスロンドン 2010年から犬島の風景の一部となっているアート、パビリオン、その他のクリエイティブなプロジェクトを探索したり、「道路で旅行」したりするために、島に「足を踏み入れる」機会があります。 展示会では、さまざまな活動の親密なツアーを提供しています。 アートとジオラマのインスタレーション、写真とビデオ撮影、そしてこのプロジェクトが彼らの生活にもたらした変革の影響についての住民からの証言。 長谷川祐子の島の将来に対する長期ビジョンをまとめた青写真が展示されており、「共生」や 「私たちが自然と社会を私たちの日常生活の中心的な柱にするとどうなるか。 最後に、展示会には、ブラジルのアーティスト、ベアトリスミルハウスによるイエローフラワードリームのフルサイズのコピーが含まれています。これは、2018年にA-Art Houseに設置するために特別に作成されたフラワーアレンジメントです(下にスクロールして、サイトに設置された画像を確認してください)。

瀬島カスオは、ロンドンのハウス・オブ・ジャパンで「共生:生きている島」展を開催します。
犬島「アートハウスプロジェクト」、F-Art House、名和晃平:Photota(Animals / Flora)、2013、撮影:ホンマタカシ

「ジャパン・ハウス・ロンドンの犬島の裏話と、2人の著名な日本の文化的リーダーの作品を生き生きとさせることができてうれしく思います。」 ロンドンジャパンハウスプログラミングディレクターのサイモンライトは言う。 「共生:生きている島」は、犬島の「アートハウスプロジェクト」が島民や労働者だけでなく、遠くからの訪問者にも与える影響の変化を探ります。

瀬島カスオは、ロンドンのハウス・オブ・ジャパンで「共生:生きている島」展を開催します。
犬島「アートハウスプロジェクト」、Cアートハウス、半田正典:無題(Cアートハウスの花)、2019年、井上義和撮影

瀬島カスオは、ロンドンのハウス・オブ・ジャパンで「共生:生きている島」展を開催します。
犬島「アートハウスプロジェクト」、S-アートハウス、荒神明香:コンタクトレンズ、2013年、ホンマタカシ撮影

READ  リオティントは日本の住友商事で水素製造を研究しています。