Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジョージア映画祭が東京で開催

旧ソビエト時代に国内で制作された貴重な作品を上映するジョージア映画祭が東京で始まりました。

土曜日、東京都神保町の岩波ホールで開催されました。

公演の前に、グルジア駐日大使のティムラズ・リザバがスピーチをしました。

彼は、困難な国際情勢を経験しているとき、彼の国はその文化を誇りに思っていると言いました。 彼は、映画はジョージアの精神を伝える重要な文化的要素であると付け加えました。

映画祭には35本の映画が含まれます。 その中には、先駆的なグルジアの画家ニコ・ピロスマニの生涯を描いた映画があります。 彼はヒットシングル「ミリオンスカーレットローズ」に変わったロマンチックなエピソードで最もよく知られていました。

観客は、グルジア映画には西洋映画にはない魅力があると言った。 彼女はすべての作品を見たいと言った。

映画祭を企画したアニメーターの原田武河出氏は、旧ソビエト時代に制作された映画の多くが見当たらない、または劣化しているため、鑑賞できる作品の数は限られていると語った。

原田氏は当時、表現に制限があったと述べたが、映画はグルジアの人々の誇りと彼らの自由への願望を反映している。 彼は人々がビジネスについてもっと学ぶことを望んでいた。

映画祭は2月25日まで開催されます。

READ  トム・ハーディの「ヴェノム2」が、今年9月に画面上で新しい予告編をリリースします