Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジョー・バイデンがUAWのピケットラインに参加して歴史を作る

ジョー・バイデンがUAWのピケットラインに参加して歴史を作る

  • ベルント・デバスマン・ジュニア、サラ・スミス、ナタリー・シャーマン著
  • BBC ニュース(ワシントン D.C. およびミシガン州)

動画解説、

動画: バイデン氏、ピケラインで自動車労働者に演説

ジョー・バイデン米国大統領は、現職米国大統領としては初めて、ミシガン州の自動車労働者のピケライン訪問中にストライキを支援した。

バイデン氏は、労働者が求める昇給やその他の手当は「受けるに値する」と述べた。

この訪問は、潜在的なライバルであるドナルド・トランプ氏の到着の前日に行われる。

しかし労働者らはBBCに対し、ライバルたちがストライキを政治利用する可能性があると感じていると語り、「近づかないように」と訴えた。

民主党大統領は火曜日、抗議活動を行っている労働者らに向けた短い発言の中で、彼らは「必要な大幅な昇給やその他の手当を受けるに値する」と述べた。

同氏は、労働者は雇用する企業と同様に「信じられないほど優れた」パフォーマンスを発揮する必要があると付け加えた。

米国の議員や大統領候補者は米国の労働者との団結を表明するためにストライキに参加することが多いが、現職の大統領がこれを行うのは前例がない。

一部の労働者は、バイデン氏とそのライバルの関心が自分たちの大義に役立つことを期待していると述べたが、他の労働者は今回の訪問を票獲得を目的とした政治的行為であり、交渉に実質的な影響はほとんどないと否定した。

「私たちはどちらも出席しないことを望んでいます」とフォード従業員のビリー・ロウ氏はBBCに語った。 「私たちは人々を分断したくありません。そこに政治が絡むと論争が起きるでしょう。」

UAWは9月初め、フォード、ゼネラル・モーターズ、ステランティスを対象としたストライキを発表し、自動車大手3社に賃金と労働条件の改善を促した。

ホワイトハウス報道官は火曜日、記者団に対し、鉄道労働者との2022年の労働争議解決に深く関与していたホワイトハウスは「交渉には参加していない」と語った。

当局者らはこれまでバイデン氏が現行のUAW提案を支持するかどうかの質問を拒否しており、ジャンピエール氏は政権は「UAWとビッグスリーに任せる」と主張した。

ジャンピエール氏は、ミシガン州におけるバイデン氏の存在はむしろ自動車労働者への支持を示すことが目的だと述べた。

さらに、大統領は「UAWの男女は、彼らが達成に貢献した記録的な利益の公平な分配を受けるに値する」と信じていると付け加えた。

ホワイトハウスは先週、トランプ大統領がカリフォルニア州での9月27日の共和党大統領討論会を欠席し、アメリカの自動車産業の中心地であるデトロイトを訪問すると発表した直後に、バイデン氏のUAW労働者訪問を発表した。

トランプ大統領は自身のソーシャルメディアプラットフォーム「トゥルース・ソーシャル」で、自分が大統領訪問を挑発したと述べた。

「クルック・ジョー・バイデンは、私が彼らと一緒にミシガン州に向かうと発表するまで、全米自動車労働組合を訪問するつもりはなかった。」 [and] 彼らを助けてください」と彼は書いた。

バイデン氏は、時にはトランプ大統領を批判してきた同団体のショーン・ファイン会長から、UAW会員を訪問するよう招待された。

UAWからの招待を受けていないトランプ氏は、Truth Socialへの投稿で、自動車労働者がトランプ氏を支持しなかったり選挙に勝てなかったら「乾杯」すると誓った。

写真にコメントして、

UAW会員のフランキー・ウォーリー氏(左)とビリー・ロー氏(中央)はバイデン氏とトランプ氏の訪問に遺憾の意を表明

ミシガン州のピケットラインでは、決闘の訪問のニュースはうめき声と「たくさんの目を丸くした」声で迎えられたと、ピケットサイト近くのフォード工場の外でピケットの看板を持って雨の中群がっていた労働者6人のうちの1人であるビリー・ロウさん(61歳)によると、 。 デトロイトでは、通り過ぎる車やトラックから定期的に応援の音が聞こえます。

フォードで27年間働いたロウ氏は、この対立は労働者と企業の間のものだと考えていると語った。

同じくフォード従業員のフランキー・ウォーリー氏は、この事件に「政治が関与すべきではない」と語った。

「彼らはここに来て写真を撮り、私たちをサポートしていると言っていますが、本当にそうでしょうか?」 ウォーリー氏は同社で28年間勤務し、そのうち20年間は組立ラインで働いていたと語った。 「この関与は、彼らが私たちに顔を向けて、私たちを助けていると言っているだけです。近づかないでください。」

同氏は、このストライキは初めてだったと付け加えた。 同氏は、自分の賃金が25年前の時給28ドルから現在は32ドルにわずか4ドル(3.20ポンド)上昇したことが動機の一部であると語った。

「今は生計を立てるのが難しい」と彼は言った。

現在の共和党候補指名争いの最有力候補であるバイデン氏とトランプ氏の訪問は、共和党と民主党が同様に選挙上重要な中西部の「ラストベルト」に焦点を当てている中で行われた。そこではUAW会員のようなブルー​​カラー労働者が重要な投票圏を形成している。

ミシガン州ではこうした票を巡る争いが熾烈になることが予想される。 民主党は2016年に同州で敗れた後、2020年の大統領選挙で僅差で同州に勝利した。

一方、労働組合は2020年にバイデン氏を支持したが、労働組合の支持を「獲得」する必要があるとして、2024年選挙の優先候補者をまだ指名していない。

UAWは長らく民主党と連携してきたが、ウォーリー氏は、組合員の多くがインフレや違法な国境越えなどの問題に憤慨しており、草の根層のバイデン氏への支持が弱まっていると述べた。

「私は大きな変化を目の当たりにしました」と彼は言いました。

バイデン氏のピケライン訪問は、同政権が米国での電気自動車の生産拡大を推進している中で行われたもので、電気自動車の製造に必要な労働者が少なく、組合以外の場所でも製造できることを懸念する組合員らにとっては懸念材料だ。 工場は賃金がはるかに低いです。

火曜日午後に発表した声明の中で、トランプ大統領はバイデン氏の訪問を移民や治安など他の問題から「米国民の注意をそらして強調する」ための「広報上のスタント」だと述べた。

世論調査では、アメリカ人の大多数が統一労働組合の理念を支持していることが示されており、ギャラップが実施した最近の世論調査では、アメリカ人の67%がより一般的に労働組合を支持していることが示されています。

READ  国際刑事裁判所は、戦争犯罪でウラジーミル・プーチンに逮捕状を発行します