Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

チェンナイのレイジコミュニケーションズが日本の広告大手ADKを買収

チェンナイのレイジコミュニケーションズが日本の広告大手ADKを買収

チェンナイ:日本の広告代理店であるADKは、デジタルエクスペリエンスデザインとeコマースソリューションを専門とする代理店であるチェンナイを拠点とするRageCommunicationsを買収しました。 取引の金銭的詳細は明らかにされていない。 この買収により、ADKが主要株主になり、Rageの創設者であるJRKRaoとKarthikKumarが少数株主になります。
契約の一環として、ADK RageとしてRageにリブランドされ、Raoは引き続きADK RageのCEOとしてリードし、KumarとともにグローバルADKチームと緊密に連携して、クライアントにエンドツーエンドのソリューションを提供します。 。 このパートナーシップは、RageCommunicationsがすでに確立している2つの市場であるインドとオーストラリアへのADKの参入を示しています。
このパートナーシップにより、デジタルマーケティング、Webデザインと開発、データ分析、コンテンツマーケティングの両方の組織の機能が統合され、クライアントの統合されたブランドキャンペーンが促進されます。 Rage Communicationsは、特に日本、北米、ヨーロッパの市場で、この取引によりグローバル展開計画を加速することを期待しています。
クマール氏によると、ADKは日本で定評のある組織であり、デジタルアセットの開発に関心を持っており、本質的にローカルデジタル企業であるため、私たちとの相乗効果を見出しています。
Rageは、インド、オーストラリア(シドニー)、シンガポールのオフィスを通じて、CX、CRM、UI / UX、パフォーマンスマーケティングソリューションにまたがる幅広いソリューションを世界中のクライアントに提供しています。 総従業員数は約200人であり、この取引により、市場全体で従業員の学習機会が増えると見込んでいます。
「これは、ますますテクノロジー主導の多文化の世界で従業員が協力する絶好の機会を表しています」とRageの創設者は述べています。
Rage AMPのクライアントには、Citibank、IIT Madras、IIM Ahmedab​​ad、JLL、Mastercard、Sephora、Sterling Holidays、Tata Motors、Tata Croma、Unileverが含まれ、これらはADKのグローバルクライアントリストに加わります。
「このパートナーシップは、アジア太平洋地域で最も急速に成長しているデジタル市場の2つであるインドとオーストラリアへの重要な参入を示しています」とADKグローバルオペレーションのCEOである片木康行は述べています。

フェイスブックツイッターLinkedInEメール

READ  ウォール街が前進、CPI報告を前にドル安