Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

チャイナエアライン、9月に日本の熊本線に新路線開設へ

チャイナエアライン、9月に日本の熊本線に新路線開設へ

台北19日(CNA) 台湾最大の航空会社(CAL)は、旅客機A321neoを使用し、9月18日に台北から日本の熊本までの新たな直行便を開設すると月曜日に発表した。

日本行きの航空券に対する強い需要を受けて、CALは声明で、月曜日と金曜日に週2往復の航空便を運航すると発表した。

熊本行きCI194便は桃園国際空港を午後2時30分に離陸し、阿蘇くまもと空港に午後5時35分に到着します。

発表によると、復路の桃園行きCI195便は熊本を午後6時35分に出発し、桃園に午後7時50分に到着する予定。

CALによると、A321はビジネスクラスの長距離路線フラットベッドシートに対応し、高精細4Dビジュアルシステム、大型液晶画面、機内Wi-Fi、広々としたキャビン、快適な座席を備えているという。

航空会社によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)後の観光業の回復を受けて、CALは3月に台湾と熊本間のワンタイムチャーターサービスの計画を開始したとのこと。

同氏は、日本行きの航空需要の増加に対応し、台湾と日本の間の観光、経済、貿易、文化交流によるビジネスの可能性に期待するため、CALは新しい航空会社を熊本に追加することを決定したと付け加えた。

CAL によると、日本は最も重要な市場の 1 つであり、台湾から国内のさまざまな目的地へ週 100 便以上の便が運航されています。

READ  日本はオリンピック中にコロナウイルスの緊急事態を宣言します