Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トヨタの利益は増加すると予想されますが、不安定なサプライチェーンに焦点が当てられます

トヨタの利益は増加するが、すべての注目はサプライチェーン戦略と電気自動車に向けられる

東京:

トヨタ自動車は火曜日に四半期利益のわずかな増加を報告すると予想されており、部品と材料のコストがほぼ上昇しており、円安と生産の回復による恩恵を相殺しています。

売上高で世界最大の自動車メーカーは先週、世界の生産が9月に終了する四半期に30%回復したと述べたが、半導体やその他の部品の不足が今後数ヶ月で生産を制約し続けると警告した.

自動車チップ不足の場合の段階的な改善は、今会計年度の下半期の生産を押し上げるのに役立つはずですが、投資家の焦点は、需要予測、サプライチェーンにおけるその他の潜在的な混乱、およびトヨタが収益を報告するときの電気自動車戦略に向けられるでしょう。

UBS証券のアナリスト、高橋浩平氏はチップ供給の改善に言及し、「注目すべきポイントは、サプライチェーンのプロセスになぜこのようなギャップがあるのか​​ということだ」と述べた。

「同じ理由で長すぎたので、何か新しいものが出現しなければならない」と彼は言った.

トヨタは今月初め、チップの不足により、今会計年度の 970 万台の自動車生産目標を達成する可能性は低いと警告しました。 新しい予測は行われませんでした。

リフィニティブがアナリスト12人を対象に行った調査の中央値によると、同社は7月から9月までの営業利益が3%増の7,722億2000万円(53億ドル)になると予想されており、これは12月四半期以来の最高水準です。

これは 3 四半期ぶりの増益となり、損失を拡大させた円によって部分的に支えられた 6 月四半期の収益の予想を上回る 42% の落ち込みからの大幅な改善を表しています。

円は今年、米ドルに対して約 30% 下落し、海外でのトヨタの販売額を押し上げました。

トヨタは、第 1 四半期の決算発表後に、一般的な円の予想を 115 円から 130 円に修正しましたが、現在、通貨は 1 ドル 146 円前後で大幅に低い水準で取引されています。

円安の恩恵は、投入コストの上昇によって相殺されました。 トヨタは8月、通年の財務費用を17%増の1.7兆円と見積もった。

トヨタの株価は今年、日経平均が 4% 近く下落したのに対し、約 2% 下落しました。

トヨタとその主要な日本の競争相手である日産自動車と本田技研工業は、電気自動車への取り組みの遅さなど、長期的な課題に取り組んでいます。

トヨタは、380 億ドル規模の電気自動車計画からわずか 1 年で、予想を超えて成長している市場での競争力を高めるために、すでに再始動を検討しているとロイターは今月報じた。

同社はまた、今年初めに安全上の懸念から、市場に投入されてからわずか 2 か月後に、最初の大量生産された全電気自動車を撤去しなければなりませんでした。 今月からリースの受注を再開した。

(ドル=146.4200円)

READ  戦後、世界中の100社が450億ドルの取引を撤回しました