Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハイテク株の上昇が鈍化し、アジア株が下落。  Investing.comで日本が新高値に到達

ハイテク株の上昇が鈍化し、アジア株が下落。 Investing.comで日本が新高値に到達

©ロイター。

Investing.com — 金利上昇に対する長期化への懸念が根強くテクノロジー株に利益確定売りが出たため、月曜日のアジア株は大半が下落した一方、重要なインフレ統計を前に日本市場は過去最高値を更新した。

人工知能に対する楽観的な見方が薄れているように見えるため、テクノロジー株は過去1週間の力強い上昇の後、大幅な利益確定売りにさらされている。 金曜日のウォール街の閑静な取引も穏やかな兆候を示し、米国株先物は記録的な水準に達した後、月曜日にはわずかに値動きした。

今週は一連の重要な経済指標、特に米国のインフレと金利に関する更なるシグナルへの期待もあり、リスク選好度は大幅に抑制された。

上昇が止まり中国株は下落。 PMIを待っています

最近の反発上昇が勢いを失いつつあるようで、月曜日には中国指数とSSEC指数がそれぞれ0.6%、0.5%下落し、2カ月、3カ月ぶりの高値から後退した。

香港指数も0.6%下落し、ほぼ3カ月ぶりの高値から後退した。

中国政府は一連の金融刺激策を展開する一方、投資家の信頼を高めるために株式市場への規制も強化している。 この動きは一定の成果をもたらし、中国のベンチマーク指数は数年ぶりの安値から2月の大部分にかけて急上昇した。

しかし今週、中国市場は金曜日に発表される2月の主要統計によって新たな試練に直面することになる。 この数値は、アジア最大の経済国における景気回復のさらなる兆候を示すものと期待されている。

ハイテク株の上昇が鈍化し、アジア全体の株が下落した。 韓国の指数は0.5%下落し、オーストラリアの指数は横ばいで推移した。

インド指数先物は、指数が依然として前取引で記録した最高値を視野に入れていたものの、やや弱い寄り付きを示した。

日本株は過去最高値を記録、CPIインフレデータも入手可能に

日本株は月曜日、アジア市場で主要な外れ値の一つとなり、最近の上昇幅を拡大して記録的な水準に達した。

同指数は0.7%上昇して49,420.0ポイントの過去最高値を記録し、総合指数は0.8%上昇して2,686.27ポイントの過去最高値を記録した。

地方市場が大型週末で休場となった後、日本市場の上昇は追い上げ取引の要素を維持した。 しかし月曜日の上昇は、国内テクノロジー株や半導体産業のAI主導の強さと、日銀が超ハト派姿勢を長期間続けるとの期待のおかげで、日本株の長期にわたる上昇相場の延長でもあった。

火曜日に予定されているインフレ統計では、インフレ率が日銀の年間目標である2%の範囲内に収まると予想されており、日銀が積極的に政策を引き締めるインセンティブは低下する。

READ  2023年に向けた日本の5つのテクノロジートレンド