Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バイデン氏、「米国の鉄鋼労働者」の必要性を理由に、USスチールを日本企業に売却する計画に反対

バイデン氏、「米国の鉄鋼労働者」の必要性を理由に、USスチールを日本企業に売却する計画に反対

バイデン氏は声明で「USスチールは1世紀以上にわたって米国を象徴する鉄鋼会社であり、国内で所有・運営される米国鉄鋼会社であり続けることが重要だ」と付け加えた。

民主党大統領は、再選を目指す際に米国の製造業の回復を課題の基礎に据えており、AFL-CIOや他のいくつかの著名な労働組合の支持を得ている。 ホワイトハウスは木曜日、バイデン氏が全米鉄鋼労働組合の会長デービッド・マッコール氏に電話し、組合員への支持を強調したと発表した。

日本製鉄は昨年12月、ピッツバーグに本拠を置く鉄鋼メーカーを現金141億ドルで買収する計画を発表し、この取引が労働組合に加盟している労働者、サプライチェーン、米国の国家安全保障にどのような影響を与えるかについて懸念が高まった。

日本企業は金曜日、この取引が米国の鉄鋼会社、労働組合に加入している労働者、米国の鉄鋼産業、国家安全保障にどのような利益をもたらすかを強調した。

「独禁法要件を満たしながらこの課題に対処できる米国の鉄鋼会社は他にない」と同氏は述べ、すでに4000人の米国人労働者を雇用していることを強調した。

同社はまた、US Steelの名前とピッツバーグの本社を維持することも約束した。

世界第4位の鉄鋼生産会社である同社は、元財務長官ラリー・サマーズ氏とペンシルベニア州選出の共和党元上院議員パット・トゥーミー氏の支持声明を掲載したウェブサイトを開設した。

鉄鋼取引が発表された直後、ホワイトハウスは、秘密の対米外国投資委員会による検討を受けることを示唆した。 政府は CFIUS の審査プロセスに関する最新情報を正式に提供していません。

状況について匿名を条件に審議に詳しい関係者によると、バイデン氏はこの問題についてコメントするために大きなメガホンをとっているが、審議プロセスに介入したり、協定を正式に阻止したりするつもりはないという。

ホワイトハウスのジョン・カービー国家安全保障報道官は木曜日、この協定について問われた際、大統領が協定を完全に阻止したいのか、それとも協定の構造変化に応じて調整可能なのかについては明言を避けた。 しかしカービー氏は記者団に対し、米国は日本との同盟関係が「かつてないほど強力」だと考えていると語った。

しかし、大統領は依然として CFIUS に対して影響力を持っている。 財務長官が委員会の委員長を務め、この委員会は連邦政府機関の長、および必要に応じてホワイトハウスの経済および国家安全保障評議会の理事からも構成されます。

トランプ大統領は今年初め、トラック運転手組合との会談後、アメリカン・スチールの買収を阻止すると述べ、「私は阻止する。日本が米国の鉄鋼を買収するのはひどいことだと思う。直ちに阻止する」と語った。

バイデン氏は木曜日、かつてゼネラル・モーターズのいくつかの工場があったミシガン州サギノーを訪れ、そこで労働組合に加入している労働者からの支持が有権者の共感を呼ぶことを期待している。

同市は、2016年に僅差でトランプ氏を支持したが、2020年にはバイデン氏に転じた激戦区に位置しており、今年の大統領選の重要な候補者となっている。

バイデン氏は全米鉄鋼労働組合と緊密な関係にある。 新日鉄の計画に関する2月の声明によると、同氏は組合員に対し、組合員を支持するという「個人的な保証」を与えたという。 USスチールは、今年の選挙のもう一つの主要州であるペンシルベニア州に本社を置いている。

ユナイテッド・スチールワーカーズは先週、新日鉄の代表者らと面会した後に声明を発表し、新日鉄が既存の労働協約を遵守するかどうかと財務の透明性について懸念を表明し、合併完了には「障害」があると付け加えた。

米国は日本を最も緊密な同盟国の一つであり、アジアにおける中国の野心と影響力に対抗する上で重要なパートナーであると考えている。 バイデン氏は大統領として同国を2度訪問しており、4月10日には岸田文雄首相をホワイトハウスに迎える予定だ。

しかし、日本製鉄と中国との関係はバイデン政権内で懸念を引き起こしている。 世界鉄鋼協会によると、世界で生産される鉄鋼の半分以上が中国から来ている。 インドが第 2 位の生産国であり、日本、米国がそれに続く。

米国商工会議所は昨年2月のブログ投稿で、バイデン政権が協定を阻止するのは愚かだと警告した。 そうすれば、米国への海外投資に悪影響を与え、他国が米国企業の海外投資を阻止し、日米同盟を損なう可能性があると商工会議所は述べた。

同会議所の国際問題責任者ジョン・マーフィー氏は木曜日、バイデン氏がCFIUSの見直しを政治化するのは「不適切で逆効果」だと述べた。

マーフィー氏は「対米外国投資委員会の審査が継続されることが不可欠だ。予想通り国家安全保障上の懸念が明らかにならなければ、売却手続きは継続されるべきだ」と述べた。

しかし、再選を目指す民主党のボブ・ケーシー上院議員はバイデン氏の声明を称賛し、「鉄鋼労働者を置き去りにするいかなる協定にも反対するよう全力で取り組む」と述べた。

___

AP通信記者のジル・コルビン氏とユウリ・カジヤマ氏がこのレポートに寄稿した。

READ  SGX Niftyは、OPEC +危機により石油価格が上昇するにつれて下落