Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ビジネスと観光が出会った私の日本旅行

ビジネスと観光が出会った私の日本旅行

2022 年の最初の日本旅行は、おそらく私の人生で最も思い出に残る旅行の 1 つになりました。 旅行の主な目的は仕事でしたが、時間をかけて旅行者のようにその国を探索してみました

東京の最高級レストランでのジューシーなビーフステーキの味わいから、美しい富士山の訪問まで、私の日本旅行には興味深いことがたくさんありました。

しかし、私は主に、彼らがその国のすべてのこと、すべての人のために時間を守っていることに感心しました。 日出ずる国では遅刻する人はいないようです。 日本人の絶対的な礼儀正しさを目の当たりにすることも素晴らしかったです。

私のビジネスネットワークから招待状を受け取った後、私はすべての公式書類をダッカの日本大使館に提出しました。 2週間以内にビザを受け取りました。

日本に旅行する前に、私は地元の旅行代理店や日本のビジネスパートナーの助けを借りて、1週間の旅程と旅行計画を準備しました。

1日目と2日目
私は10月16日の夜、エミレーツ航空でダッカからドバイに2時間立ち寄り、飛行機で到着しました。

その時までに日本では新型コロナウイルス感染症の規制は完全に緩和されていた。 ただし、予防措置として、飛行機に乗る前にワクチン接種証明書とPCR検査報告書を持参しました。

成田空港に降り立ったときは、もう夕方近くでした。 入国管理官が日本から招待状を送ってくれた人に再度確認をしてくれましたが、すべてはスムーズに進みました。

空港に迎えに来てくれた男性は、携帯電話用の日本のSIMカードをくれて、ホテルまで直接連れて行ってくれました。

ホテルの名前はアパホテルでした。 私はほとんど動くことができなかったので、部屋は実際には1人用でした。 ベッドの横には折り紙があり、芸術的な雰囲気を醸し出していました。

3日目
世界的なファッションブランドが集結し、サプライチェーン網を整備する東京ビッグサイトを訪れた。

私の日本のビジネスパートナーとバングラデシュ出身の兄の一人が、その後の4日間私の旅行仲間でした。 毎日提供されるフルブレックファストがとても気に入りました。バングラデシュ人のお腹は満腹になりました。

この日の最初のアクティビティは、新橋からビッグサイト駅まで公共交通機関を利用することから始まりました。

現地時間の午後7時に夕食をとりました。 ビジネスの話をしながら、牛肉やその他の地元の食材を本格的な日本スタイルで調理するライブを見ました。 寿司、刺身、天ぷら、その他すべての野菜料理を試しました。

4日目
この日は主にミーティングとネットワーキングでした。 しかし、ハイライトは、電通東京の元同僚の一人に会ったことです。

5日目
東京スカイツリーは日本の人気観光スポットです。 実は東京のランドマークなんです。 自立式建造物としては日本で最も高く、完成当時は世界で2番目に高い建造物でした。

兄の勧めで訪れましたが、2,200 タカ (1,640 タカ) を払う価値がありました。 東京全体を360度見渡すことができました。

Move Cafe もその日行った場所で、楽しい経験でした。 このカフェには猫がいて、猫と遊ぶと癒されるというコンセプトです。

6日目
私の観光は実際にこの日から始まり、すべてのビジネス取引が行われました。 兄に連れられて、日本最大のモスクで金曜礼拝を行いました。

新橋から東京モスクまでは約10km。 素晴らしいオスマン様式で建てられました。 大きなシャンデリアとステンドグラスが来場者をお出迎えします。

早稲田大学の棚田裕文氏によると、日本に住むイスラム教徒の数は少ないとはいえ、過去10年で2倍に増加し、2010年の11万人から2019年末には23万人(うち5万人もの日本人改宗者を含む)となった。

この国には、東京上モスク(私たちが金曜礼拝を行った)、御徒町モスク、大塚モスク、名古屋モスク、ダル・アル・アルカム・モスクなど、110以上のモスクがある。

金曜日の後、私たちは日本の有名なショッピング街である銀座を探索する時間がありました。 銀座エリアには、高級ブティックや高級寿司バー、カクテルバーが数多くあります。

7日目
この日は、はとバスツアー会社で富士山に行くために予約しました。

同社には、英語を話すプロのガイド、快適な近代的なバス、そして高レベルの日本語サービスがあり、すべてを維持し、旅程に従って時間通りに配達しました。

私のパッケージ料金は16,000円、つまり12,000タカでした。これには、富士山5合目への入場料、ハイランドリゾートという5つ星ホテルでのランチ、富岳深津溶岩洞、白糸の滝などが含まれています。

富士山は日本で一番高い山であり、活火山でもあります。 日本人も何世紀にもわたってここを巡礼地と考えてきました。

8日目
ついに日本に「さようなら」を言う時が来ました。 最終日はホテルの周りを少し散歩しました。 街はいつもより空いていて、なんだか日本を離れるのが寂しい気持ちになりました。 しかし、バングラデシュに戻ったときの良い思い出を考えると、気分も良くなりました。


行き方

  • ビーマン・バングラデシュ航空経由でダッカから東京までの運賃は約 1,60,000 タカ (往復)
  • 中国東方航空経由でダッカから東京(中国の昆明で1駅)までの運賃は約1,30,000タカ(往復)です。

どこに泊まるか

  • 東横INN東京の1日の料金は約6,000タカです
  • ヘン タ ホテルの 1 日の費用は約 8,000 タカです。

東京の観光スポット
浅草寺、東京スカイツリー、桜井茶体験、渋谷交差点、新宿御苑、草間彌生美術館など。

READ  バイデン氏、「米国の鉄鋼労働者」の必要性を理由に、USスチールを日本企業に売却する計画に反対