Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベトナム、日本との関係を最高レベルに引き上げる

ベトナム、日本との関係を最高レベルに引き上げる

[ハノイ(ロイター)] – ベトナムと日本は月曜日、ベトナムのブー・ヴァン・トゥン大統領の東京訪問中に、関係を「包括的戦略的パートナーシップ」に正式に格上げした。

この動きは、中国と西側諸国との貿易摩擦のさなか、世界のサプライチェーンにおける重要なリンクとしてベトナムの戦略的役割が増大していることを強調し、一部の企業が中国から事業を移転する中、東南アジアの国への海外投資の呼び込みに貢献している。

トン氏は国営テレビで放送された演説で、「これは重要な出来事であり、ベトナムと日本関係に新たな章を開くものである」と述べた。

日本との関係強化は、9月にベトナムが米国との歴史的な関係強化を行ったことに続くもので、かつてライバルだった両国は半導体や重要鉱物を含む複数の協力協定に署名した。

ベトナムは、中国、インド、ロシア、韓国、米国を含む他の5か国を包括的な戦略的パートナーに任命している。

日本はベトナムにとって第3位の海外投資源であり、第4位の貿易相手国であり、昨年の二国間貿易は500億ドルに達した。

キヤノン、ホンダ、パナソニック、ブリヂストンなどの日本の多国籍企業数社は、ベトナムへの最大の外国投資家の1つであり、ベトナムをアジアで最も急成長している経済国の一つである地域の製造拠点に変えている。

中国との別々の海事紛争に巻き込まれているベトナムと日本は、2020年にベトナムが巡視船6隻を建造するための3億4,800万ドル相当の日本融資合意に達した。

(レポート:Khanh Vu、編集:Ed Osmond)

READ  Finixioは、日本、ドイツ、バルカンの賭け市場に参入します