Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ベラルーシのオリンピックスポーツウーマンは、コーチを批判した後、帰宅するために空港に連れて行かれたと語った。

東京(ロイター)-ベラルーシのランナーは、東京オリンピックでナショナルコーチについて公に不満を述べた後、日曜日に帰国便で彼女の意志に反して空港に飛んだと述べた。

月曜日に女子200mに出場する予定だったクリスティーナ・チマノスカヤ氏はロイター通信に対し、帰国する予定はなく、東京の羽田空港で日本の警察の保護を要請したため、飛行機に乗る必要がないだろうと語った。 。

「私はベラルーシに戻らない」と彼女は電報メッセージでロイターに語った。

ベラルーシオリンピック委員会は、コメントの要請にすぐには応じなかった。

24歳のTsimanoskayaは、コーチのスタッフが日曜日に彼女の部屋に来て、彼女に荷造りするように頼んだと言いました。 彼女は木曜日に200mと4x400mリレーを走らせる前に空港に飛ばされました。

彼女は、「私がインスタグラムのページでコーチを無視することについて話したという事実」のためにチームから追い出されたと言いました。

Tsimanoskayaは、十分なドーピングテストを受けていなかったために一部のチームメンバーがオリンピックに出場する資格がないことが判明した後、4x400mリレーへの参加について以前に不満を述べていました。

「私たちの女の子の何人かは、十分なドーピングテストがなかったので、4x400mリレーで競争するためにここに旅行しませんでした」とTsimanoskayaは空港からロイターに語った。

「そして、コーチは私の知らないうちに私をリレーに追加しました。私はこれについて公に話しました。コーチが私に来て、私を取り除くように上から命令があったと言いました。」

チマノスカヤは、空港で日本の警察の隣に立っていて、日本のベラルーシのディアスポラのメンバーに連絡して空港に戻るように連絡したと付け加えた。

羽田警察は、すぐにコメントできる人はいないと述べた。

(Gabriel Tetro-Farberによる報告)竹中清による追加報告FrancisKerryによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本の多くの学校は子供をオリンピックに連れて行かないことを選んでいます