Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ポルトガル語訳は、ジャパンセントラルスクールの留学生の40%を助けます



山中秀美さん(右から2人目)、愛知県豊田市ほみ小学校3年生など、安全なインターネットの実践に関するパンフレットを読み、ポルトガル語に翻訳し、愛知県警が2021年9月21日に配布した(愛知/森田綾香)

名古屋市-東京に次ぐ外国人の数が多い愛知県の市立予備校は、資料の翻訳や多くの留学生への出版物の配布を通じて語学支援を行っています。 そして彼らの両親は、その多くは日本語に堪能ではありません。

豊田市立保美中学校の生徒の約4割は外国人です。 学校は、学校生活に関する情報に加えて、防犯情報など、人々の生活に関する情報の協力と翻訳を警察に要請しました。 学校は、そのような情報が公平に配布されることを確実にしたいと言っています。

2018年5月1日現在、愛知県には日本語教育を必要とする外国人の子供が9,100人おり、日本の47都道府県の中で最も多い。 一方、自動車産業が集中している地域であるトヨタには、外国人労働者が多い。 ホーミー中学校の約320人の生徒のうち、約130人が外国籍であり、その90%が母国語としてポルトガル語を話します。

学校には市が運営する「留学生支援センター」があり、常駐の日本語を話す職員が、スポーツフェスティバルや修学旅行に関して学校が配布するすべての通知やその他の資料のポルトガル語訳を提供しています。 、遠足および他の同様のイベント、および遠隔教育の防止(PTA)の通知。

学校によると、いつ翻訳が始まったのかは定かではないが、2007年に文部科学省が初等教育と外国人教育の充実に関する研究会で例として挙げた。中学生。

平吹陽子校長は、「日本人の先生にすべての資料を渡すのではなく、彼らと行き来して、誰もが理解できるように翻訳します」とコメントしました。 先生はまた、毎日の会話に自信がない生徒に同時通訳を提供し、宿題を監視します。

問題の1つは、生徒の安全と生活に関する情報を保護者にどのように伝えるかでした。 警察などの外部機関が作成した資料を日本語で配布していますが、作成者の意図しない翻訳の可能性があるため、翻訳を控えています。 しかし、110番と119番(日本の警察や救急車の緊急電話番号)の重要性すら理解していない保護者もおり、犯罪や事故について学校に電話をかけることもあります。 、など。 学校が対応できなかった問題。

5月、ひらぶきは豊田警察署を訪問し、学校に配布された資料をポルトガル語に翻訳するよう依頼した。 9月、警察は、県警察本部の通訳センターを通じて、安全なインターネット慣行に関するパンフレットをポルトガル語に翻訳することで対応しました。 ブラジル人学校3年生の山中秀美さん(15)は、「両親はひらがなとカタカナしか理解できない。自国語で書かれていれば、一緒に読める」とコメントした。

翻訳されたパンフレットは、外国籍の方が多い名古屋市立区の九番団地の住宅開発にも配布されました。 そこに住むブラジル人32歳の女性は、「母国語なので気持ちいい。理解できれば、子どもたちにも連絡できる(指示に従う)」と笑顔で語った。

ひらぶきさんは「大切な情報を母国語で理解してもらうことで、子どもたちに適切な指導をすることができます。そのような取り組みを他の多くの学校にも広げてほしい」とコメントしました。

(森田彩華、名古屋ニュースセンターによる日本語原文)

READ  「マスエフェクト:LE」はレイブを取得します、あなたはMPを取得するかもしれません