Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ライブニュースの更新:米国の体操選手の虐待の生存者がFBIに対して10億ドルの訴訟を起こす

Inditexは、Zara、Massimo Dutti、PullandBearなどのブランドを所有しています©Bloomberg

世界最大のアパレル小売業者であるインディテックスは、売上高がパンデミック前のレベルを上回ったため、第1四半期の純利益が80%増加しました。

Zara、Massimo Dutti、Pull and Bearなどのブランドの所有者は、店舗の足場が急激に回復したため、2月から4月末までの3か月間の純売上高は36%増加して67億ユーロになったと述べました。 当四半期の利益は7億6000万ユーロでした。

スペインのグループによると、コロナウイルスの大流行の最盛期に反発したオンライン販売は、前年比でわずか6%減少したという。

CEOのオスカーガルシアマセイラス氏は、グループの業績は「差別化されたビジネスモデル」と「イノベーション、デジタル化、持続可能性への戦略的焦点」によって支えられていると語った。

ウクライナとロシアに関連する推定費用に対する2億1600万ユーロの引当金を除くと、純利益は9億4000万ユーロに増加したであろう。 同グループによると、ロシアの侵攻日である2月24日以降、オンラインプラットフォームを含む両国のインディテックスストアは「一時的に閉鎖」されているという。

同社はロシアに500近くの店舗を持っており、店舗数で2番目に大きな市場です。

インディテックスによると、中国にある同社の67店舗の売上高は、Covid関連の規制の影響を受けたが、米国は「目覚ましい成長」でグループ第2位の市場としての地位を固めた。

インディテックスの売上総利益率は60.1%で、過去10年間で最高でした。 運用コストは24%増加しました。

5月に署名された1億ユーロ以上の価値のある3年間の合意の下で、インディテックスは完全に繊維廃棄物から作成されたインフィナと呼ばれる繊維の将来の生産の30パーセントを購入することを約束しました。

同社は、2022年の配当金の1株あたり0.93ユーロの配当金を支払うことを提案しています。

READ  自己隔離は、日本をより持続可能な社会に変えています。 方法は次のとおりです