Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

万波忠誠と上川端大吾が海兵隊で戦闘員を殴り倒す

万波忠誠と上川端大吾が海兵隊で戦闘員を殴り倒す

火曜日、北海道日本ハムファイターズがパ・リーグで千葉ロッテマリーンズに6対5で逆転勝利し、万波中生選手と上川端大吾選手がそれぞれ2ランを放った。

日本ハムのエースコンフィールド北海道での五回裏、真波選手の西野雄司戦(8-3)2点目で3-3の同点に追いついた。

「打席の終わりにラッキーな当たりだったけど、走れれば何でもいい」と真波さんは語った。

2死満塁で上川端選手の二塁打で同点を破った。

1本目と2本目のシングルが弱い打球だった真波が7回を突破し、6-4とした。 この保険打により、日本ハムのクローザー・田中誠司は9点本塁打を打たれたものの、20セーブ目を挙げた。

左腕ファイターズの加藤貴之選手(6勝8敗)が5回3失点(自責点1)で勝利を収めた。

このほか、東北楽天ゴールデンイーグルスが西武ライオンズに5-3で勝利した。

セ・リーグでは、横浜ディナベイスターズが5本塁打を打って東京ヤクルトスワローズに9対3で敗れ、阪神タイガースはネッツに7対6で敗れて連勝が10で止まった。 広島カープ。

READ  元日本ケルトのレジェンド、中村俊介が44歳で引退した。