Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

不況:日本は世界第3位の経済大国の地位を失った

不況:日本は世界第3位の経済大国の地位を失った

東京(AP通信)—日本経済は2023年の最終四半期に縮小し、ドイツの後塵を拝した後、現在世界第4位となっている。

政府は次のように述べた 経済 木曜日に発表された内閣府の実質GDPデータによると、2023年を通じて1.9%成長したにもかかわらず、10~12月期は年率0.4%縮小した。7~9月期は2.9%縮小した。 2 四半期連続のマイナス成長は、経済が技術的な景気後退に陥っていることを示しています。

日本経済は2010年まで第2位だったが、2010年には中国経済に抜かれた。 昨年の日本の名目GDP総額は4.2兆ドルだったのに対し、ドイツのGDPは通貨換算で4.4兆ドルか4.5兆ドルでした。

名目GDPの比較はドル建てであるため、日本円の弱さが4位に転落した主な要因でした。 しかし、日本の相対的な弱さは人口減少と生産性と競争力の遅れも反映していると経済学者らは言う。

実質 GDP は、国の製品とサービスの価値の尺度です。 年率は、四半期レートが 1 年間続いた場合に何が起こったかを測定します。

日本は歴史的に「経済の奇跡」と言われており、第二次世界大戦の焼け跡から立ち上がり、米国に次ぐ第二位の経済大国となった。 これは 70 年代から 80 年代にかけて続きました。 しかし、過去30年間の大部分において、経済は時々緩やかな成長にとどまり、1990年に始まった金融バブルの崩壊後は実質的に不況に陥ったままだ。

日本とドイツの経済は、生産性の高い中小企業によって支えられています。

1960年代と1980年代の日本と同様に、ドイツは今世紀の大部分を席巻し、高級車や産業機械などのハイエンド製品の世界市場を独占し、経済の半分を輸出に依存するほど多くの製品を世界に販売した。

しかし、その経済は 世界で最悪のパフォーマンス 昨年も、最終四半期には0.3%縮小した。

英国 こちらも昨年末に契約した。 英国が報じた 木曜日、同国経済は10~12月期に技術的な景気後退入りし、前期比0.3%縮小したと発表された。 四半期ベースでは前3カ月の0.1%減に続いて減少となった。

外国人居住者が比較的少ない島国である日本は長年にわたって人口減少と高齢化が進んでおり、一方ドイツは移民が少子化を補ってきたため人口が8,500万人近くまで増加した。

東京大学の岡崎哲司教授(経済学)は、最新のデータは日本の弱さの現実を反映しており、世界における日本の存在感を低下させる可能性が高いと述べた。

「たとえば、数年前、日本は強い自動車部門を誇っていました。しかし、電気自動車の出現により、この優位性さえも揺らぎました。まだ明らかになっていない要素はたくさんあります。しかし、次の 2 つの要因に目を向けると、何十年もの間、日本の見通しは「暗いようだ」。

先進国と新興国の格差は縮小しており、インドは数年以内に名目GDPで日本を追い越す可能性が高い。

米国はこれまでのところ世界最大の経済国であり、2023年のGDPは27兆9400億ドルに達し、中国のGDPは17兆5000億ドルに達した。 インドの資産価値は約 3 兆 7,000 億ドルですが、約 7% という驚異的な速度で成長しています。

移民は日本の労働力不足を解決する選択肢の一つだが、日本は一時滞在を除いて外国人労働者を比較的受け入れておらず、差別や多様性の欠如に対する批判を引き起こしている。

もう一つの選択肢であるロボットも徐々に導入されているが、労働力不足を完全に補えるほどではない。

日本の低成長のもう一つの大きな要因は、家計が支出を控えるようになっている賃金の停滞である。 同時に、企業は高齢化と縮小が進む国内市場ではなく、急成長を遂げている海外経済に多額の投資を行っている。

キャピタル・エコノミクスのマルセル・ティリアン氏は、昨年の個人消費は3四半期連続で減少しており、「家計貯蓄率がマイナスに転じるため、今年も成長は引き続き鈍化すると予想される」と解説で述べた。 「われわれの予測では、GDP成長率は2023年の1.9%から今年は約0.5%に減速するだろう。」

__

Xの影山優里: https://twitter.com/yurikageyama

READ  日本は300トン以上の米を寄付