Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国が「必死に」近隣に移動するにつれて、日本は台湾近くの遠く離れた与那国島の安全を改善します

中国の堅実な行動の結果として東アジアで緊張が高まる中、日本は台湾に非常に近い与那国島での拠点を強化しています。

過去数年間、中国の船は、中国と台湾が主張する無人島チェーンである、日本が支配する尖閣諸島周辺のパトロールを増やしてきました。

中国の太陽島と台湾の太陽島としても知られている島々は、地域の緊張が高まる中心となっています。

島の連鎖をめぐる1世紀以上の地域紛争にもかかわらず、中国はここ数十年で島の周りでその存在感を増してきました。 これは、北京が係争中の島々に対する権利を主張するという懸念を引き起こした。

タイプ055駆逐艦:中国海軍の開発の象徴-CGTN
中国タイプ055駆逐艦-CGTN

しかし、北京は、ディオイ島(尖閣)と関連する島々を中国の財産として挙げて、その行動を頻繁に擁護している。 中国外務省 言った 中国海警局は島の周りの海域をパトロールしたとCNNは報じた。

これは本質的に、この地域における中国の地域的願望に懐疑的であった日本にとって懸念事項です。 このことを念頭に置いて、日本は与那国島と戦国東部の南星チェーンにある姉妹島での軍事的プレゼンスを強化しました。

この島は台湾の沖合68マイル(110 km)にあり、北京が独自に主張している自治民主主義の島です。

セキュリティ上の懸念は別として、最新のCNN 報告する 島の地元の人々はまた、特に北京が彼らの生活のために重要な漁場へのアクセスを制限しようとしている場合、緊張の高まりが彼らの調和のとれたコミュニティを混乱させる可能性があることを懸念しています。

中国-ミサイル艇
2022年2月22日の東シナ海での訓練演習中の人民解放軍海軍の高速攻撃ミサイル艇。

与那国島周辺での中国の存在感が高まっている

与那国は第二次世界大戦中にアメリカに捕らえられ、1972年に沖縄県の一部として日本に帰国しました。 戦略的な観点から、これは台湾に近いため特に重要です。 晴れた日には、海岸から台湾の山々を眺めることができます。

ヨナグニは台湾と中国に近接しているため、歴史的に人口2,000人未満の島は、スキューバダイバーや登山家の観光地になっています。

CNNによると、日本の防衛省は、過去20年間に駆逐艦と軍艦の中国船を20隻未満しか見ていませんが、国の海岸から24海里以内にあるそのすぐ近くの領土内にはありません。

その数はこれまでのところ4倍になり、昨年は記録的な71に達しました。 船舶の総数には中国海警局の船舶が含まれており、合計で110隻になります。

中国は台湾の上の空域でその存在感を増しており、島の防空識別圏(ADIZ)で戦闘機を飛ばしています。 台北の戦闘機は、哨戒機を配置し、無線警報を放送し、防空ミサイルシステムを作動させました。 中国の航空機が領空に接近したことに応じて、日本は軍用機​​を追いかけました。

中国
ファイル画像:PLA(ウィキメディアコモンズ)フラグ付きのZ-8ヘリコプター

最近、日本の防衛省 明らかに 2021年度(FY)の間に、日本の航空自衛隊(JASDF)の戦闘機は、外国の航空機に応じて1,004回追跡され、国の空域に近い中国の航空機の動きに応じて722回の戦闘があった。

ロシアがウクライナを占領した結果、特に中国がモスクワの行動を非難する国際的な圧力に直面して動揺することを拒否したため、東アジア地域はここ数週間非常に警戒している。

中国は、ウクライナと台湾の類似点を無視し、台湾全体が中国の内政であると主張している。 台湾の呉外相は、この島はウクライナでの出来事を「非常に綿密に」「監視」すると述べた。

日本は防衛を強化する

緊張が高まる中、日本は潜在的な危機に直面する準備ができています。 東京は、2014年に係争中の島々の近くの与那国島に沿岸監視基地を設立しました。

それは生産し始めました プロジェクト 日本の領土から与那国島への長い休止の後、様々な琉球諸島に対艦ミサイルシステムを備えた追加の施設を建設すること。

2016年、日本は東京の与那国島に防衛基地を設立し、約160人が沿岸監視に関与しました。 2019年、日本は与那国島の姉妹島である奄美大島と宮古島に追加の軍事前哨基地を設立し、中距離地対空ミサイルとタイプ12短距離地対空ミサイルで武装しました。

F-15J-ウィキ​​ペディア、航空自衛隊

また、航空自衛隊 送信済 今月初め、宮古島から島への移動レーダーユニットがこの地域での中国の活動を注意深く監視します。

日本の陸上自衛隊(GSDF)の最高司令官である吉田義ヒット将軍は、地域のライバルに強力なメッセージを送るために追加のセキュリティ機能が必要であるとCNNに語った。

「私たちは、どんな犠牲を払っても、私たちの国の領土主権を保護しなければなりません。 また、国をしっかり守るというメッセージを発信しなければならない」と述べた。 防衛当局によると、日本の現在のミサイル防衛システムは、国から31マイル(50 km)以内に1回だけミサイルを迎撃することができます。

一方、中国には、さまざまな爆弾から186マイル(300 km)を発射できるミサイルがあります。

国の憲法は防衛行動に限定しているが、近隣諸国、特に北朝鮮と中国からの地域主権への脅威が高まっていることを理由に、国は近年、軍事的地位を高めることを模索している。

READ  若い日本の議員は、広く開かれたPMレースの力として浮上しています