Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の「傲慢」に対する懸念がアジア経済見通しの重しとなっている

中国の「傲慢」に対する懸念がアジア経済見通しの重しとなっている

デフレ圧力の増大と不動産危機の悪化により、世界第2位の経済大国が「日本の変革」の瀬戸際にあるとアナリストらは警告している。

この用語は、1990 年代後半の膨張した資産バブルの崩壊後の 15 年間の日本の低成長とデフレの期間を表します。

「習近平政権下で、中国は経済から関心を移したのかもしれない」と日本の元首席通貨外交官で現政策立案者らと緊密な関係を維持している渡部宏氏は語る。

AFも紹介:中国銀行と恒大の債務が競合することへの懸念

ワナタップ氏は、中国の政策立案者たちが2015年頃まで、長引く経済デフレと停滞をもたらした日本型の資産バブルの崩壊を回避する方法を心配そうに研究していたことを回想する。

「その後、彼らはやめました。そしてここ7、8年、彼らは学んだことをすべて無視しているようです。」

今週マラケシュで開催されたIMF・世界銀行会合では、中国のインフレ低迷と不動産危機が世界成長に対する最大のリスクの一つであると指摘された。

初期化 世界経済の見通し国際通貨基金は今年の中国の成長率予想を4月の5.2%から5.0%に引き下げ、世界的な影響で不動産セクターの危機が悪化する可能性があると警告した。 来年の成長率は4.2%に鈍化すると予想している。

さらに、国際通貨基金は、中国の回復力の弱さと不動産危機長期化のリスクもアジア経済の見通しに重しとなる可能性があると警告した。

アジア経済の見通しは不透明

IMFはまた、見通しの中で来年のアジアの成長率予想を4月時点の予想4.4%から4.2%に引き下げ、今年の予想4.6%から下方修正した。

IMFアジア太平洋局長のクリシュナ・スリニバサン氏は金曜日、マラケシュでの記者会見で「中国の減速は常に世界経済、特にアジアに影響を与える」と述べた。

スリニバサン氏は、中東の紛争も地域のインフレ高進につながる可能性があると付け加えた。

IMFは地域の見通しに関するブログ投稿の中で、ロックダウン後の中国の経済推進が予想よりも早く勢いを失ったと指摘した。

同時に同銀行は、米国経済の好調がアジアへの支援を過去に比べて減少させているのは、米国が輸出需要を刺激しないサービス部門に重点を置いているためだと述べた。

同氏は「短期的には、債務を抱えた中国の不動産セクターの急激な調整と、それに伴う経済活動の減速がこの地域、特に中国と貿易関係が密接な一次産品輸出国に広がる可能性が高い」と付け加えた。

「マイナス面としては、中国における長引く不動産危機と限られた政策対応により、地域の景気減速がさらに深刻化するだろう。」

ドローン画像には、当局が儋州沖のオーシャンフラワー島で取り壊すべきだと主張している中国の開発業者恒大が建設した39棟の建物が写っている。 写真:ロイター

日本は中国リスクを懸念

中国の成長懸念は特に日本の政策立案者らを警戒させているが、その理由の一つは、日本の最大の貿易相手国における景気後退が長期化すれば、輸出に依存する中国経済に大きな打撃を与えることになるからだ。

「急速に浮上しているのは、中国がデフレに陥るリスク、つまり経済の『日本化』だ」と日本銀行理事の野口朝陽氏は木曜日に述べた。

中国が日本と同様の状況に向かうかどうかはまだ明らかではない。 「しかし、中国経済の根幹である不動産セクターは衰退しており、若者の失業は増加しており、インフレは鈍化している」と同氏は日本で述べた。

金曜日のデータによると、中国の消費者物価インフレ率は9月も安定しており、予想の0.2%上昇を下回っており、他の多くの国が高インフレに対処しているにもかかわらず、同国へのデフレ圧力が浮き彫りになっている。

1998年から2013年のデフレ期に遡ると、日本では不動産価格の下落が銀行のバランスシートに影響を及ぼし、投資が減速したため、コア消費者物価は平均0.2%下落した。

シルバーライン

しかし、中国で起こっていることと日本の経験には違いがあります。 一方で、中国のバランスシートの圧迫と、特に経営不振に陥った開発業者や地方自治体の不動産部門における債務負担は抑制されている。

これは、不動産価格の下落により全国の銀行が膨大な不良債権を抱え、広範な信用収縮を引き起こし、経済低迷を長期化させた日本で起こったこととは対照的である。

国際通貨基金のスリニバサン理事は、需要回復に支えられてインフレが加速する中、IMFは現在、中国がデフレに陥る重大なリスクはないと考えていると述べた。

しかし同氏は、問題のさらなる拡大を避けるために中国政府に対し、問題を抱える開発業者のリストラ支援や地方省への指導などの措置を講じるよう求めた。

中国における「日本の変革」の機会について問われたスリニバサン氏は、「全体として、中国は適切な政策を講じることで、長期にわたる標準以下の成長を回避できると考えている」と述べた。

「私たちが言いたいのは、不動産危機がより大きな問題にならないように、不動産危機に正面から取り組むことが重要だということです。」

  • ロイター通信、ヴィシャカ・サクセナによる追加編集

こちらもお読みください:

イスラエルがハマスに宣戦布告、アジアの経済リスクが高まる

中国の民間不動産大手が崩壊の危機に瀕している

税関は中国貿易統計が9月に若干改善したと発表

中国の出生数が過去最低に落ち込み、経済への警戒感が高まっている

台風、地滑り、砂嵐により、中国は今年420億ドルの損害を被った

中国の不動産セクターは今後も低迷が続くだろう:ゴールドマン・サックス

イスラエルとハマスの戦争は中国の一帯一路構想の株価に長い影を落とす

READ  ハワイの国内観光市場を多様化する時が来た