Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の芸術家は86人の人権活動家の肖像画を示しています

匿名を維持するためにマスクの後ろに顔を隠す中国の画家は、中国の86人の人権擁護者に敬意を表して、彼の水墨画とウォッシュの肖像画のために東京で最初の展覧会を開催しました。

1987年に来日した71歳の芸術家は、日本人に故郷の人権状況の悪化と、権利のために立ち上がった人々の勇気についてもっと学びたいと語った。

「中国共産党は人権を踏みにじっているが、それを世界の前に隠そうとしている」と彼は流暢な日本語で言った。 日本では中国を恐れる人が増えているようです。 抗議すべきだと思った」と語った。

上海出身の男は、報復を恐れて匿名で作品を発表した。 彼は、彼が愛した日本画の巨匠である横山大観(1868-1958)にちなんで、横山大観という仮名で通った。

灰色の髪の房が彼の黒い帽子と彼の目の上に垂れ下がった彼の寺院と彼の口を覆っているフェイスマスクの間に現れました。

彼の12月9日から10日までの展覧会で取り上げられた86人の人物の中には、刑務所で亡くなったノーベル平和賞受賞者の劉暁波と彼の未亡人劉霞がいます。

他のトピックには、北京を拠点とする権利活動家の胡佳や、新しいコロナウイルスのパンデミックの初期段階で武漢の事実を一般に伝えようとして拘束されたジャーナリストの張展が含まれます。

「彼らは共産党政権の弾圧の犠牲者であるが、彼らはゲームに負けただけではない」とタイカンは展示会の前のインタビューで言った。 「彼らは良い戦いをしています。私は彼らを敬意を持って描いたのです。」

左のタイカンは、12月に東京で86人の中国人権活動家のインクと洗った写真の展示会を開催しました。 (フルヤコイチ)

当局はそれらの多くを拘留したと広く信じられています。 それらはまだアクセスできず、技術的には欠落していると見なされます。

写真は活動家の活動と伝記を説明するテキストで書かれています。

「中国の人権状況に関する水墨画」展は、12月10日の国際人権デーに合わせて首都の文化区で開催されました。

埼玉県在住の大観さんが少しずつ写真をまとめていきましたが、自分で保管していました。

彼がそれを一般に公開することを決めたとき、日本の彼の家族のメンバーはその計画に強く反対しました。

しかし、彼の決意は決して揺らいでいませんでした。 画家は中国の親戚との接触を断ち切り、彼らがトラブルに巻き込まれないようにした。

Taykanは、この惑星で70年間生活した後、故郷で起こっている迫害についての気持ちとともに、自分の仕事を一般の人々と共有する必要性が高まっていると感じたと述べました。

「私はそんなに年をとって育ったので、本当に頭に浮かんだことについてもっとオープンにすべきだと思いました」と彼は言いました。 「私はこのように黙って死にたくないだけです。」

20220103-中国-2-L
タイカンの人権活動家胡佳の肖像画には、彼の活動を説明する中国語のテキストが刻まれており、パネルの下に日本語の翻訳があります。 (フルヤコイチ)

1989年の天安門事件で中国の学生が民主主義の強化を求めたとき、大観は日本からの支援を提供した。

それ以来、彼は中国の人権の向上に尽力してきました。 しかし、画家は、これが彼の作品に悪影響を与えることを恐れて、「舞台裏にとどまり、前景に現れなかった」。

「私はCCPが時間とともに良くなることを望んでいましたが、それは決して起こりませんでした」と彼は言いました。 「それどころか、人権状況は悪化している」と語った。

大観氏は、機会があれば日本中どこへでも展示会に行き、時間内に自分の名前を明かすと述べた。

「人に本当の色を見せないのは意味がないと思う」と彼は言った。

READ  2021年6月の中華圏と日本のコンテストの更新