Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は台湾を国と呼んだことで日本が所有するセブン-イレブンに罰金を科す

中国政府は、ウェブサイトにちなんで台湾島に名前を付けたとして、北京にある日本が所有するセブン-イレブンコンビニエンスストアチェーンに罰金を科しました。

同社は、「自由な国」とラベル付けされた台湾の「虚偽」および「不完全」な中国の地図を表示したとして、中国の市場規制当局から150,000元(23,519ドル)の罰金を科されました。 金曜日に報告

中国はウォルマートを「愚かさと近視眼」で非難している。

ミシガン州のマディソンハイツにあるセブンイレブン。 世界最大級のコンビニエンスストアチェーンです。 日本に本社を置き、現在、世界中に合計39,000の拠点があります。

中国外務省のスポークスマン、ワン・ウェンピン氏は、「台湾は中国との国境の不可分の一部である。 記者会見

北京はまた、セブン-イレブンのウェブサイトが南シナ海の紛争中の島々の正式名称を使用していないと不満を述べた。 ガーディアンレポート

北京店は日本の会社7&Iホールディングスの完全子会社であり、「再発を防ぐためにできる限りのことをする」とガーディアン紙は報じた。

Fox Businessの詳細については、ここをクリックしてください

中国は台湾を自国の領土の一部であると主張し、1949年に両国が離脱して以来、独立の要求を拒否しました。 米国は正式には台湾を認めていませんが、非公式な関係を維持し、その民主主義政府を支持しています。

台湾近郊の北京はその存在感を高めています 数十機の戦闘機 防衛区に向けて、習近平大統領が「平和的統一」の一環として台湾を中国に持ち込むよう呼びかけたことに同意する。

FoxNewsのAdamShawがこの記事に寄稿しました。

READ  EU、日本を安全な旅行リストに追加することに同意、英国を一時停止